※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

283 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/08/27(木) 16:24:23.12 ID:2OlAt4KzP
寝る前に書いてたけどそのまま寝ちゃったから今投下


梓「誰もいない…」

部室についたのが早かったのか、部屋には誰もいなかった。
持ち物をおいて、少し待つことになった。

「そういえば…」

そういえば合宿の時、私と澪先輩の区別がつきにくいと言われた。
でも実際は私は髪をツインテールにしているし、身長も低い。
だけど、似てると言われて確かめたくならないかといえば、確かめてみたい。

「ちょっと、やってみようかな…」

大きな鏡の前に立って、髪を下ろし、櫛でストレートにする。
そして、目をすこしつり目気味に開ける。

「うわぁ…」

もっていた写真と比べても、確かに似ている。
といっても髪の長さが足りてないから、ちょっと違うのだけれど。


284 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/08/27(木) 16:25:37.44 ID:2OlAt4KzP
「なんだか恥ずかしいなぁ…」
?「なんか澪みたいにいってみてよ」
「えぇ、そうですね…」

急にやってみろと言われても…
って、あれ!?誰もいないはずなのに、なんで質問が!?
まさか、律先輩!?

「残念、私♪あーずにゃん♪」
紬先輩だった。
本当に紬先輩はよくわからない。

「もうびっくりしましたよ…ところでどこから?」
「鏡の前に立つところから、です♪」

鏡の前に立ったところ…
つまりほぼ最初から見ていたと同じなわけだ。
ところで、紬先輩しか見えないが…

「って、そういえば紬先輩だけですか?」
「いや、三人とも私と一緒に来てたはずだけど」

まさかと思ってドアを見た。
ほーげーとしている唯先輩。
笑いをこらえながら何か澪先輩に話しかける律先輩。
そして顔を真っ赤にしている澪先輩…

紬「とりあえずまず髪を結んだ方が…」
梓「あにゃぁぁぁぁ!」


285 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/08/27(木) 16:26:48.51 ID:2OlAt4KzP