※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 01:24:19.85 ID:RL9L8E3H0
クラスメイト「ねえ、唯ちゃん?」

唯「なあに?」

クラスメイト2「桜井さんとは

いま、どんな話をしてたの?」
818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 01:42:42.63 ID:RL9L8E3H0
唯「え~とね、遊ぶ

相手に媛子ちゃんも

どうかって聞いたんだ」

クラスメイト「え、あの子と!?」

唯「え、うん!?(どうしたんだろう)」
823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 01:54:15.66 ID:RL9L8E3H0
クラスメイト2「ええ、あの桜井

さんと本気で遊ぶつもりなの!?」

唯「え、うん。そうだけど・・?」

クラスメイト「あの扱いづらい

上に無駄にプライドの高い、あの

 ・桜井さんとぉ!?」

唯「そうだよ~、彼女面白い子だよ~」

だから少女は恋を
する、ぞ
825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 02:05:59.75 ID:RL9L8E3H0
クラスメイト2「ふ~ん唯ちゃんは

桜井さんのことそんな風に見れるんだね…」

クラスメイト「しっかし

あの桜井さんがね~」

クラスメイト2「そうそう、意外意外よね。」

クラスメイト「てっきり彼女のことだから、

媛子「ふんだ、あなたがた一般の方々との

戯れなど、こちらから願い下げるわ!」

とか言いそうだしね~」

900 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 04:14:31.19 ID:RL9L8E3H0
唯「え~そんなこと言わないよ~?」

クラスメイト「え~本当に~!?」

唯「う~ん、そうだよ」

クラスメイト2「やっぱ信じらんないけど

(…あ…でも…唯ちゃん嘘つくとこ見たこと無いし…な…)」

クラスメイト「あ、じゃあさ」

唯「あ、そうだ」
908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 04:25:13.88 ID:RL9L8E3H0
クラスメイト「あのさ、その遊びって

あたしとかもいっちゃ…ダメかな?」

唯にとって彼女の申し込みは意外なものだった

唯「全っ然オッケーだよー!!

今私の方からちょうど誘おう

と思ってたところなんだー

えへへ~……」

913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 04:33:05.85 ID:RL9L8E3H0
クラスメイト「ふーん…、そっかー案外

あたしら気が合うのかもね」

唯「そうだね…それに遊ぶのならやっぱり

人数多い方が楽しめるもんね!

後で憂のほうでも誘ってあげよう!」

クラスメイト「憂?誰それ?知り合い?」

唯「私の妹っ!」

915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 04:37:48.09 ID:RL9L8E3H0
クラスメイト2「いいお姉ちゃんだね、

唯ちゃんは」

唯「ん~そうかな?」

クラスメイト「それで?遊ぶって

何するんだ?」

唯「(あ~何も決めてないや~)

えっとね~」

その時唯の頭に最近手に入れた

バスケットボールが浮かんだ。

唯「あっ、バスケットボールでもしよっか~

皆できるかな?」
971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 13:28:56.15 ID:RL9L8E3H0
クラスメイト&2「いいね、面白そう」

唯「じゃまた後でね~」

クラスメイト「うん」
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 14:41:50.29 ID:RL9L8E3H0
唯「じゃ、後は」

~憂のクラスへ~

唯「憂!」

憂「(あれ、お姉ちゃん?)どうしたの!?」

唯「実は今日さ、私たちで遊ぼうって

話があるんだけど、憂もおいでよ!」

憂「え、いいの?」
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 14:48:04.91 ID:RL9L8E3H0
唯「OKだよ!」

憂「じゃあ、行ってもいい?」

唯「どんといらっしゃい!」

それから授業が始まる

唯「ほげー」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 15:23:19.49 ID:RL9L8E3H0
学校のせんせい
てきすと6
実況
主任と呼ばれるあずにゃん
どうやら澪たちより立場上
らしい
珍しく教師っぽくなる3人
あずにゃん家庭に仕事を
持ち込まない男前
 >>21

和「号令、授業を始めます」

授業が進み、

先生「ではこの問題を・・

媛子「わたくしが解いてご覧にいれますわよ!」

先生「え(まだ何も言ってない)だんまり」

媛子「ここがこうで、…こうしてこうですわね! 」
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 15:30:40.69 ID:RL9L8E3H0
テストの量は560枚
終わる頃が夜まで掛かる
ことが予想される(怪談?)
そして一方で
相変わらずだらだら
お菓子を食べる唯
それは返事を返すほどに

 >>28

媛子「全く持って完璧ですわ、おーっほっほっほっほっほー!!」

クラスメイト「(また叫んでる…)」

クラスメイト2「(相変わらずすごい人だな・・・・)」

唯「ぽかーん」

一方その頃別クラス

憂「えーと、ここの穴埋めは…こうだね!」
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 15:38:41.57 ID:RL9L8E3H0
 >>31
 >>28の実況続き
そしてさらに
お菓子を食べる唯
の音を五月蝿がる澪
と、ここで澪
のお腹が鳴ってしまった

 >>31

そんなこんなで

似たような感じで

午後の授業が始まり、

そして放課後に向かう。
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 15:45:39.77 ID:RL9L8E3H0
 >>28
 >>36
実況4
唯が澪他
皆にお菓子を分け与える
唯がムギにお菓子を渡す
珍しい光景がここに
澪、屈辱の食いしん坊キャラ獲得
ムギのまあまあがここでも

 >>36

~放課後へ~

クラスメイト「授業終わった~」

唯「ふぃー」

和「ねぇ、唯?」

唯「んあ?」

和「これから遊ぶのよね?」

唯「そうだねー」
155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 23:30:05.23 ID:RL9L8E3H0
 >>37
実況5
ここで一同が
唯の差し出すお菓子に手を取る
それがレアもののお菓子らしい
 >>37
和「じゃあ、これからどうする分け?」

唯「んーと、じゃあ公園にでも

移動してみよっか~」
158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 23:49:54.41 ID:RL9L8E3H0
―公園―

唯「来ましたっ!」

和「唯、誰と話してるの?」

唯「画面の前のみんなにっ!」

憂「?」

媛子「おーほっほっほっほっほっほっほですわよ!」

クラスメイト「何だこれは」

クラスメイト2「まともに始めなさいよっ!」
384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/30(日) 13:52:43.67 ID:gOtqRVIH0
和「それで?ここで何をするわけ?」

唯「バスケットボールでもどうかな?」

媛子「ほほほほほ、よろしくてよ!」

和「(…てことはこの人数で…3on3

ってことになるわね…」

さあここで質問!
420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/30(日) 16:49:29.69 ID:gOtqRVIH0
 >>155実況6
そのお菓子はなんと
デス辛スナック
パッケージには
「鬼辛」「死んでもいいですか?」
と書かれていた
ムギ、梓、澪に異変
 >>384

唯「?3on3って?」

和「そ。3人と3人でチーム

を組んで、ボールを奪い合うのよ。」

唯「ほえー(そうなんだー、)和ちゃん物知りだねー」

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/30(日) 17:02:09.85 ID:gOtqRVIH0
 >>155
実況7
唯のお菓子で
ムギ、澪、梓の口から
謎の煙が…
そして「辛~」や「死んりゃう~」
など顔真っ赤で大きく絶叫を起こす
 >>420

媛子「何をおっしゃって!?その程度の

豆知識にもならない程度のこと、わたくし

も頭の片隅の片鱗におぼえていますわ!」

クラスメイト「何…その例え…?」

クラスメイト2「さあ…?」

媛子「ようするに知ってても大した

ことの無い、というか知ってて当然の

こと同然でありますということですわよ!」

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 17:25:13.92 ID:xJzyFHJa0
唯、高校時代の仲間
前のスレから起用
名字募集
あと、オリネームも
皐…さつき
占い大好き
様々な情報で
自分の運勢を占う
自分がハッピーであることを望む
縁…ゆかり
占いを趣味にする
タロットやグッズは必需している
また彼女の占いは
良く当たると評判のこと
皐との相性もいい

 >>155
実況8
梓は耐え切れず倒れた
他の2人も
「らめえ~痛い痛い」
「水~」
と絶叫

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 18:36:22.32 ID:xJzyFHJa0
 >>155>>679
実況9
結局3人とも保健室に
辿り着く
もはや瀕死といっても過言ではない様子
唯、お菓子を能天気に食べ続ける

 >>423

唯「へ~、物知りだね媛子ちゃんは!

(やっぱりすごいね!)」

媛子「おほほほほ、この程度たしなみ

以前のことでしてよ!(尊敬の念…

悪くなくてよ…!)」

そこへ、遅れて憂がやって来る。

憂「ごめ~ん、お姉ちゃ~ん!!」
703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 19:25:19.02 ID:xJzyFHJa0
 >>155>>686
実況10
どうやら唯には何でもないらしい
澪、唯に対し「お前の舌はバカ」と通告
澪、起き上がり唯睨む

 >>686

唯「憂!」

和「(珍しいこともあるのね…

あの子が遅れてくるなんて…」

憂「掃除が長引いちゃったの~」
705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 19:37:30.51 ID:xJzyFHJa0
20世紀少女
栞 しおり
いたずら好き
小道具を持ち歩く
高校時、前の席にいた澪
のことを律と一緒に
からかったこともある
745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:05:02.58 ID:xJzyFHJa0
 >>155>>703
実況11
澪、唯に対し「部屋(保健室)から出てけと言う
唯は「お菓子あげない」とあかんべー
唯、保健室からの脱出
澪、静かになったと落ち着く

 >>703

唯「そっか~、そりゃしょうがないね~」

憂「なるべく早く終わらせようとは

したんだけど…、ゴメンネ。お姉ちゃん」

唯「いいよ~憂はがんばったんだね。わたしにはちゃんと伝わったからさ。

きっとみんなだって分かってくれる!」

憂「お姉ちゃん…」ウルウル
747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/31(月) 22:25:10.46 ID:xJzyFHJa0
 >>155>>745
実況12
澪、1つのベッドに3人は無理があると胸中語る
ムギ、隣は風邪の男子が寝ていてベッドは2つ
しかないと、わかりやすい説明で澪を諭す

 >>745

唯「それじゃあ、憂も仲間に加えます!」

一同(4人)「いい(わ、わよ、よ、ですわ!)」

和「久しぶり、憂ちゃん。」

憂「どうも。和さん以外は初めて会う人達ですね。

わたし、妹の平沢憂です。今日はよろしくお願いします。」

773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 01:44:22.39 ID:m+srfPM+0
 >>155>>747
実況13
澪、深呼吸、一方でムギが澪をじっと見ている
ムギ、澪とこうして一緒に寝るのは始めてだ、と思い返す
なんとムギ、ここでいきなり服を脱ぐ
初めてだから優しくしてなどとおっしゃる
澪、想像を絶する程の冷たい視線をムギにぶつける
 >>747

クラスメイト「何?和、あんたこの子と面識あったの?」

和「まあ、ね」

憂「そちらのあなたは…桜井媛子さんですか?」

媛子「あら、わたくしのことご存知で?」

憂「はい、私もあなたのことは良く噂

を聞いてます。」

355 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 01:00:56.14 ID:HBSalw.0


高校時代――――

秋の学園祭が終わり、いよいよ進路だ、卒業だと慌しくなりだした頃―――

律「いよいよ卒業だなー」

澪「その前に受験だろ!」べしっ

律「いで!」
356 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 01:51:58.04 ID:HBSalw.0

澪「ったく、受験勉強はちゃんとやってんだろーな、律!」

律「やーってるって、でもやっぱ分かりづらくてさー」

澪「おいそんなんで大丈夫なのか、試験は!」

律「んー…まあでも、なんとかなるっしょ!」

澪「なんとかって…ハアァ…」

358 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 02:10:50.32 ID:HBSalw.0


澪「お前らからもなんか言ってやってくれよ、ムギ、唯」

唯「んえ?」

澪「聞いてなかったのか…」

紬「まあまあまあまあ」
359 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 02:23:05.85 ID:HBSalw.0

文化祭が終わって、実質3年が引退になった今。

それでも私たちは、気が付けばこうして集まっている。

いずれ来る別れに、私は気付かぬ内に理解していた。

おそらく、澪ちゃん、ムギちゃん、りっちゃんも同じだろう。

きっと皆やがてバラバラになる。


361 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 02:33:50.29 ID:HBSalw.0

私たちはそれが分かっている。

だからきっとこうして1つのところに集まるんだ。

せめて、今だけでも…

とその時、心の静寂を破られる。

柚子葉「おーい、皆さん!」

私は考えるのを止め、声の主に振り返る。

そこには―――朝霧柚子葉がいた。

363 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 02:49:44.23 ID:HBSalw.0


律「ん、どうしたんだ柚子葉?」

柚子葉「ああ、クラスで卒業記念で何かやりたい気分でさ、

今クラスの連中に声かけてるんだ」

左奈「律たちももちろん参加するよね?」

右奈「お姉ちゃん勝手に決めるのはまずいよ~」
364 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 02:55:13.59 ID:HBSalw.0

後から双子、右奈と左奈も加わる。

律「ん~、皆いいよな?」

唯「う~ん、OKだよ」

紬「卒業祝いですか…面白そうですね!」

律「ああ、大丈夫だ」

澪「ちょっと待て!なぜ私は抜かす!」

律「ん?何かまずかったか?」
365 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 02:59:35.47 ID:HBSalw.0

澪「いや、どうしてこの流れで私に聞かない!」

律「え、いや澪ならOkかなーと」

澪「な、何だそr律「でも、やるんだろ?」

澪「まあ、するけど」

律「じゃあいいじゃんよ」

澪「まあな」
366 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 03:04:41.56 ID:HBSalw.0

唯「で、その祝いって何するの?」

柚子葉「あー…そこは未だ決まってないんだ!これから決める!」

紬「そうなんですか」

律「まあでも、こういうのはクラスの皆で考えた方がいいんじゃね?」

澪「それもそうだな…」
367 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/30(月) 03:10:18.73 ID:HBSalw.0

律「じゃクラス全員に声掛けようぜ!」

唯「そだね」

その時、赤い夕日が校舎を照らし出した

それはまるで、私たちの未来の暗示しているような

今にすれば、ここから全てが始まったんだと―――