※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

481 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/09/05(土) 03:15:08.72 ID:6/9Psby9P
澪「一時間律、っと…」

[書き込みに成功しました]

最近パソコンに慣れてきたので、掲示板を良く使うようになった。
掲示板はいろんな情報が集まっているので、便利だ。
掲示板にも慣れてきたからか、スレッド保守みたいな書き込みもするようになっていた。
ただ、一時間~は大概数分で阻止の書き込みが来るのだけれど。どこに潜んでるんだろう。

澪「ん、ムギからメールだ、なになに…」

ムギとは最近メールの回数が増えた。
本人に聞いたら、「メールの絵文字が楽しい」のだそうだ。
なのに本文に絵文字はあまりない。不思議だが、ムギだとなぜか許せる。
ちなみに絵文字メールは唯が一番多い。一回律に送ったら電話が来てなぜかキレられた。

澪「あ、もうこんな時間か…、あれ、阻止されてなかったのか…」

ムギとメールのやりとりをしていて、気づいたら一時間半経過していた。
掲示板を見ると、一時間以内には書き込みがなかった。
まぁ、ネタの書き込みだからあまり気にする必要もないのだが。

澪「明日は休日、早いけど寝ちゃお…、ん?」

部屋の電気を消してベッドに入ったとき、部屋の外に人の気配を感じた。
両親は寝ている…ならだれだ?
幽霊だったら…いやだな…思いすごしだったら…いいな。
私の考えすぎだ、きっとそうだ…そう思い恐る恐る扉を開けた。
482 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/09/05(土) 03:16:01.67 ID:6/9Psby9P
澪「だれっ…え?」
律「よ、よう…」

そこには律が居た。
しかも花嫁が着るウェディングドレスを着て。

澪「い、一体どうしたんだよ・・・しかもその格好…」
律「澪が、嫁って、言った…」
澪「え…?」

そう、私はあの掲示板に一時間律と書いて、それから一時間書き込みがなかった。
しかしあれはあくまで保守書き込みとして書いたまでで…
というか律も見てたのかあの掲示板…
いろいろ考えていたら、数センチ前に律の顔があった。

律「私を嫁にもらってくれるんだろ…?」
澪「いや、えっと…」

そんな顔で言われたらどうしようもできないじゃないか!
迷う必要があるのか?いやそもそも嫁といったのは私だろう?
もうどうにでもなれ、という勢いで律をベッドに押し倒した。

澪「本当に…私でいいのか?」
律「澪が嫁って言ったんだ、問題なんて、ないよ」
483 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/09/05(土) 03:17:40.30 ID:6/9Psby9P



そのあとのことはよく覚えていない。
気づいたらベッドがダブルになってて、部屋が少し大きくなってドラムセットが置いてあった。
でもしっかり覚えているのは、

律「澪~、あーんして~」
澪「はいはい、あーん」

私の横に最愛の嫁、律がいることだ。