※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

711 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/06(日) 11:52:48.20 ID:RIW+eYUUO
こんにちは、平沢憂です。
今日はお姉ちゃんとご飯を食べに出かけています。
「ラーメン屋さんにしよーよー」
お姉ちゃんはラーメンが食べたいみたい。お姉ちゃんが食べたいならどこでもいいよ♪
ラーメン屋さんに入ると偶然にもお姉ちゃんのお友達がいました。
「あ、憂~りっちゃんが男の子といるよー」
お姉ちゃんは小声で私に話しかけてきました。確かに律さんが男性と仲むつまじくラーメンを食べています。
713 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/06(日) 12:01:37.51 ID:RIW+eYUUO
「りっちゃん彼氏いたんだね…」
お姉ちゃんは少し寂しそう。律さんが恋人の存在を隠していたことが悲しかったのかな…。
気まずい空気になったので、私たちはお店を変えることにしました。
次にお姉ちゃんが入ろうとしたのは昔から営業している定食屋さん。だけど…
「あれ、ムギちゃんがいる…」
窓の向こう側に紬さんがいらっしゃいました。そして紬さんも男性と一緒でした。男性はスーツを着た年上のようです。
「ムギちゃんも…」
悲しい顔をしたお姉ちゃんは他のお店にしようと行ってしまいました。お姉ちゃん可哀想…
714 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/06(日) 12:09:40.38 ID:RIW+eYUUO
歩いていると楽器屋さんの前に背の高い綺麗な人がいました。澪さんです。澪さんは店頭のワゴンセールを物色してるようです。
「あ!澪ちゃんだー」
気付いたお姉ちゃんは声をかけようと澪さんの下へ駆け寄ります。しかし、お店の中から若い男性が出てきて澪さんに話しかけています。
その姿を見るや、お姉ちゃんはとても悲しい顔になりました…。
「みんな…彼氏さんがいるんだ…私…そんな話聞いたことないのに…」
お姉ちゃん…大丈夫だよ、私がお姉ちゃんの恋人になってあげるよ!大好きだよお姉ちゃん!
しょぼしょぼと歩くお姉ちゃんは、コンビニでおにぎりでも買って家で食べようと提案しました。
みなさんに隠し事をされていた事がかなりショックだったみたい…。律さんたちひどいよ…どうしてお姉ちゃんを仲間外れにするの…。
716 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/06(日) 12:16:47.25 ID:RIW+eYUUO
コンビニに入るとまたまた偶然にお姉ちゃんの知り合いで…私の友達、梓ちゃんがいました。梓ちゃんは1人みたい。
「あ、唯先輩に憂!こんにちはー!」
梓ちゃんもちっちゃくて可愛いなぁ。白のワンピースがとっても似合ってるよ。
「うっ憂…お世話はいらないよ…」
なんて恥ずかしがる梓ちゃん、お姉ちゃんにはかなわないけど可愛い!
「あずにゃあーーん!ううう…あずにゃんだけだよおおぉ!」
お姉ちゃんは梓ちゃんがいつもと同じで安心したのか、梓ちゃんに抱き付き泣いています。はあ…可愛いよお姉ちゃんお姉ちゃん…♪
721 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/06(日) 12:43:09.92 ID:RIW+eYUUO
結局、梓ちゃんもお昼ご飯を買いに来ていたので三人でご飯を食べに行きました。
だけどお姉ちゃんはやっぱり元気がなかったなぁ…。次の日もあまり部活に参加したくなさそうだった…。
お姉ちゃんをこんな悲しませるなんて皆さんひどいです…。

でも、そんな沈んだ姿は帰ってきたお姉ちゃんからなくなっていました。
「りっちゃんは彼氏さんじゃなくて弟くんだったの。ムギちゃんはね、家のお手伝いさんだって!いつもの執事さんの代わりだったみたいー」
ちなみに澪さんは楽器屋の店員さんだったそうです。機材をさがしてもらっていたので待っていたらしいです。
良かったねお姉ちゃん!

でも大丈夫、お姉ちゃんに恋人がいなきゃ私が…なってあげるからね!

おしまい