※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/14(月) 20:03:20.64 ID:clzlCzVy0
憂「お姉ちゃんなんてだいっきらいっ!」

唯「憂なんてだいっきらいっ!」

憂唯「ふんっ!」

数分後、お互いの部屋

憂(どうしよう……、やっぱり言い過ぎちゃったかな……)

唯(憂がいないと楽しくないよ……)

憂唯(謝ろう)

ガチャ

唯「あ……」

憂「お姉ちゃん……」

憂唯「あ、あの」

憂「お、お姉ちゃんから先に言って」

唯「い、いや、憂から」

憂「それならせーので一緒に言おっ」

唯「そ、そうだね」


484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/14(月) 20:04:01.18 ID:clzlCzVy0
憂唯「せーのっ」

憂唯「さっきはごめんね!」

憂「お姉ちゃんは何も悪くないのに」

唯「ううん、私がお姉ちゃんなんだから私が悪いんだよ」

憂「お姉ちゃん……」

唯「憂……」

憂「うわぁん! ごめんねお姉ちゃん! 嫌いにならないでぇ!!」

唯「わわっ……、大丈夫だよ、憂」

憂「ぐすぐす」

唯「私は、憂いが大好きなんだから」

憂「お姉ちゃん……」

唯「だから、ね? 泣き止んで?」

憂「うん! お姉ちゃん大好き!」

憂唯「えへへ~」


Fin