※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/14(月) 20:16:21.39 ID:clzlCzVy0
梓「唯先輩は、いつもいつも私に抱きついてきますけど、どうしてですか?」

唯「もちろん、かわいいからだよ」

梓「か……、そんなことないですよ」

唯「そんなことあるよ」

梓「……そうですか、ありがとうございます」

唯「それとね、抱きつくといい匂いがするから」

梓「シャンプーの匂いでしょう」

唯「それとね、ふわふわとしてましゅまろみたいな感じになるから」

梓「昔から体は柔らかかったですから」

唯「一番の理由はね」

梓「なんですか?」

唯「あずにゃんがだいすきだから」

梓「なっ……!」

唯「すきなひとには抱きついてみたり触れ合いたいと思わない?」

梓「それは、その……思いますけど」


490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/14(月) 20:17:02.21 ID:clzlCzVy0
唯「あ、じゃあ、あずにゃんにもすきなひといるんだ」

梓「あ」

唯「ねぇねぇ誰なの?」

梓「……唯先輩、ですよ」

唯「ほんと?」

梓「こんなところで嘘吐いてどうするんですか」

唯「嬉しい~っ」

梓「わ、いきなり抱きついてこないでください!」

唯「触れ合いたいんでしょ?」

梓「う、まぁ、そうですけど……」

唯「ならいいじゃん♪」

梓「それとこれは話が別……って話を聞いてくださいよ」

唯「聞こえな~い」

梓「……はぁ、ちょっとだけですよ」

唯「うんっ」
Fin