※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

578 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:46:54.71 ID:H5dDq2Q+O
唯「うぇぇえぇぇぇるぅわあっつざすとぉ~りい~もうにぃんぐぅぐろぉ~るぃい~!」

憂「おねぇちゃ~ん、うるさいよ~。今、何時だと・・・」

唯「しゃぁらっぷ。今夜、唯はロックンロール・スターなんだよぉ!ファッキン」

憂「なに言ってるの?よく分かんないよ」

唯「ゴメンね、憂~。ちょっと、おクスリきめちゃったせいで、頭がハイになっちゃったみたい」

憂「おねぇちゃん、それフリスクだよ・・・・。とにかく早く寝ないとお母さんに言うからね!」

唯「・・・・・ハイ、スイマセン」
579 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:47:52.53 ID:H5dDq2Q+O
澪「コラッ、唯!!歌い終わった後、マイクスタンドを殴り倒すな!」

律「壊れたら、どーすんだよ~?」

唯「だって、今日、私の歌声がイマイチだったのは、このファッキンマイクのせいなんだもん!だから・・・・つい、カッとなって・・・・」

紬「マイクより、唯ちゃんの姿勢の方が問題かと・・・・・。体を斜めにして歌うのは、歌いにくいんじゃないでしょうか?」

澪「あと、上向いて歌うのは、喉を痛めやすいから、やめといた方がいいぞ」

律「あっ・・・・やっぱ、マイク壊れてる。唯、ちゃんと弁償しろよ」

唯「・・・・・・ファック(泣)」
580 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:49:01.88 ID:H5dDq2Q+O
ジャッ ジャッ ジャッ ジャーン!!

律「おぉ!今の感じ良かったな」

唯「ファッキンGreatな一体感だったぜ」

紬「明日も、この感じを忘れずにいきましょ。」

澪「そうだな。じゃあ、今日は、この位にして、あとは本番前にライブハウスで。遅刻するなよ!」

唯「じゃあ、バイバ~イ♪」





紬「いよいよ、明日は学校外での初ライブですね。」

澪「でも、明日のライブ・・・大丈夫かなぁ。・・・・特に唯。」

律「大丈夫だろ。歌い方も直させたし、タンバリンも取り上げたし、、、、MCの時、たまにファックって言うぐらいは多目に見てやろうぜ。」

澪「・・・・なんだか嫌な予感がする」
582 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:49:52.43 ID:H5dDq2Q+O
唯「ファッキンおい~っす。昨日のライブお疲れさ~ん。 って、あれ?人数が少ないね?」

律「お前のせいだよ!澪もムギもショック受けて、学校来れないんだ! 特に澪なんか40度近い熱を出してだな・・・・」

唯「流石!律ちゃんはファッキンHyperタフだね! 2人とも休んでるのにピンピンしてる!」

律「私はドラムで、唯の真後ろにいたから、まだ良かったものの・・・・これでも結構、精神的ダメージ受けてんだぞ!」

唯「ふ~ん」

律「ふ~ん、じゃない!!  唯!!!昨日のアレはどういうつもりだ!!!!」

唯「パフォーマンス」

律「何処の世界にステージ上でゲロ吐くパフォーマンスがあるんだよ!!?」
583 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:50:50.62 ID:H5dDq2Q+O
唯「いいじゃん♪ファッキンSuperに盛り上がったんだから。」

律「あれは盛り上がってたんじゃなくて、ざわついてたんだ! いや、もはや、ざわつきなんて大人しい事態じゃなかったろうが!!?」

唯「そう?」

律「そうだろ!! あぁ、思い出したくもない・・・・。悲鳴、雄叫び、逃げ惑う観客、失神する澪、、、、阿鼻叫喚入り混じった、まさに立体地獄絵図だった・・・・」

唯「そこまでのことかなぁ・・・?」

律「そこまでのことだろ?!! ボーカルが歌ってる途中にドボドボ、口からゲロ吐き出してるんだぞ!! これ以上のトラウマ製造法を他に言ってみやがれ!このゲロギタリスト!!!」

唯「うっ、ヒドい。前日、死ぬ気で、ファッキン腐った牛乳をたくさん飲んで、準備したのに・・・・ファック(泣)」

律「それがダメだって言ってんだよ!」
584 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:51:31.49 ID:H5dDq2Q+O
唯「私は、ただ、放課後ティータイムをファッキン個性的なロックバンドにしようと頑張ってるだけなのに・・・・」

律「・・・・・・唯」

唯「ファッキン凸ドラマーとファッキン黒髪美少女ベーシストとファッキンたくあん眉毛キーボードで武道館だけじゃなく、世界中をツアーで廻ったりしたかっただけなのに・・・・・°・(ノД`)・°・(泣)」

律「そうか・・・・唯・・・・全部、私達のために・・・・・」

唯「でも、もう澪ちゃんとムギちゃんは私とは演奏してくれないよね・・・・。」

律「そんなこと・・・・」

唯「そしたら律ちゃんとも一緒に演奏できなくなっちゃうね・・・。」

律「・・・・唯。」
585 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:52:31.54 ID:H5dDq2Q+O

唯「私、、、、軽音部、辞める」

律「ま、待てッ!!」

唯「もうすぐ新入生も入ってくるだろうし、、、、それまでは籍だけ置いといてくれればいいから・・・・。それで廃部にはならないでしょ?」

律「い、行くなッ!!唯!!!」

唯「じゃあ、今まで楽しかったよ、ありがとう(泣)」

律「ゆ゛~~~~い゛~~~~~!!!!°・(ノД`)・°・」
586 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:53:36.01 ID:H5dDq2Q+O
さわ子「待てぇえ~~~~~い!!!」

唯・律「!!!」

さわ子「その退部!ちょっと待ちな!!」

唯「ファ、ファッキンさわちゃん?!」

律「いつの間に・・・・!」

さわ子「平沢唯・・・・ホントに辞めていいのかしら?!」

唯「はい、、、、もう決めたことです。」

さわ子「・・・・実は、わたし、こっそり昨日のライブを見に行ってたのよね。」

唯「・・・・・・ファック。」

さわ子「まぁ、そうおっしゃらずに♪ わたしはアナタのパフォーマンスを誉めに来たのよ!!」

唯「!!?」

さわ子「長年、ライブハウスで色んなバンドを見てきたけど、あんなにロック魂を感じたステージは久しぶり! その時の観客はみんな口を揃えて『こんなの初めてだ!』って言ってたわ!」

律「(確かに、演奏中にゲロ吐くなんて、滅多にない)」
588 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 08:56:27.27 ID:H5dDq2Q+O
さわ子「初めは、歌い方にしても立ち振る舞いにしても、単なるリアム・ギャラガーの真似かと思ったけど、さっきの話を聞いて確信したわ。
わざとゲロを吐くために、腐った牛乳という死ぬほど辛いものさえ乗り越えてしまう・・・・そのプロ根性、、、、ただ単に、二日酔いでステージ上ゲロを披露した不良眉毛を、遥かに上回るわ!!」

律「(前例があるのかよ)」

さわ子「あなたは日本の・・・・いや世界のロックシーンを変えるために軽音部を続けなくちゃならないわ!!」

唯「・・・・・先生ッ。」

律「(なんか壮大な話になってきたぞ・・・?!)」

唯「でも・・・・私だけじゃロックはできません。一緒に演奏してくれるメンバーがいないと・・・・。それに私の中でメンバーは軽音部のみんな以外考えられなかったのに・・・・」

さわ子「あなた達、出てらっしゃい!!!」

澪・紬「・・・・・・」

律「澪!ムギ!身体はもういいのかよ。」

紬「えぇ、大丈夫。」

澪「まだ、ちょっとフラフラするけどな」
591 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 09:00:06.16 ID:H5dDq2Q+O
唯「澪ちゃん・・・・ムギちゃん・・・・。」

澪「唯、、、、。軽音部辞めるのか・・・・?」

唯「うん、だって、2人は私のせいで、体を壊しちゃったし、きっと、もう一緒に演奏してくれないだろうと思って・・・・。」

紬「そんなことありませんわ!」

澪「・・・・確かに、唯のせいで体を壊したけど、それはゲロがショックだったんじゃない! 唯のステージ上での歌、演奏、迫力、、、、唯のロックそのものに衝撃を受けたんだ」

唯「え?」

紬「私達のレベルでは、同じステージに立っているだけでも、やっとのレベルでした。」

澪「私の場合、ゲロパフォーマンスの時に、体力が限界突破してしまったんだな・・・・。唯!!私達、唯のレベルに付いていけるように頑張るからさ!! あの時みたいなロック魂をまた味合わせてくれよ!」

紬「私からもお願いします。次は身体を壊さないように頑張りますから!!」

律「そ、そうだ!唯!部長として退部は認めんぞ!(よく分かんないけど、なんだか私の知らない次元の話になってきた)」

唯「また、みんなとバンドできるの?」

澪「もちろん」

紬「はい」

律「当然だろ」

唯「ウッ(;´д⊂)・・・・みんな、これからも、ファッキンよろしくだぜ!!」
596 :まとめwikiに載りたい ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/07(日) 09:11:40.91 ID:H5dDq2Q+O
唯「ファッキン和ちゃ~ん!」

和「あっ、唯!!」

唯「一緒に、ファッキン帰ろう」

和「ええ。あっ、ところで、この間のライブとやらは成功したの?」

唯「うん♪ 『ファッキンSplendidだ!』って好評だったみたい♪」

和「ふーん。良かったじゃない。」

唯「まぁ~ね。・・・・・あっ、そういえば、はいッ、コレ!」

和「あー、、、この前貸したOasisのライブDVDね・・・。」

唯「ファッキンGreatだったよ、それ♪ ・・・・ねぇ、他のアーティストのやつもないの?」

和「う~ん、じゃあコレなんて、どう?」

唯「ファック? ・・・・尾崎豊?」

~~~続く?(多分、続かない)~~~


ちょっと短すぎるので続けられる方がいたら、続けてみてください。改変・設定崩壊、何やっても怒りませんので