※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 14:01:25.03 ID:vWGa9W0s0
「はあっ、律のやつしつこいんだから・・・・・・ふうっ」
 廊下で立ち止まり、息をつく。
 振り返ると律の姿は無く、どうやら逃げ切れたようだ。

「力になってあげたいのはやまやまだけど・・・・・・私はやっぱり文芸部だ」
 みんなの前で楽器を持って立っている自分を想像するだけで、くらっときてしまう。
 その点、文芸部はなんて気楽なことか。

「えーと、部室は・・・・・・ここ、か」
 探し回り、ようやく見つけた。
 何の変哲もないドアの奥にある世界。
 想像するだけで、わくわくするものがある。



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 14:10:49.06 ID:vWGa9W0s0
「す、すみませーん、入部希望・・・・・・」
 ガチャリ、と扉を開ける。

 瞬間、私は息を呑んでしまった。

 私は確かに、清冽な空気を肌で感じた。
 崇高で気高く、それであってどこかなじみやすい・・・・・・

「・・・・・・はっ」
 私は我に返った。
 よく見てみると、部室内にはうず高く本が積み上げられて、そうして出来た山は今にも崩れそうだ。
 お世辞にも清潔と言えるものではない。
 なのにさっき覚えたあの感覚――
「気のせい・・・・・・?」

「気のせいなんかじゃないわ」

 凛、とした声が聞こえた。
 私は慌てて、声のした方向へと振り向く。



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 14:16:33.84 ID:vWGa9W0s0
「今、あなたが覚えたその感覚・・・・・・」
 そこには、一人の少女がいた。
 パイプ椅子に体育座りをして、文庫本をぺらぺらとめくっている。
 傍から見ればただ行儀悪いだけのその姿勢も、何故かその少女だとしっくりくる。
 茫然とした私をよそに、その少女は言の葉を紡ぐ。

「私は想像するけれど、大好きなケーキを切り分けて嬉々として口に入れた時のような・・・・・・ 
 そんなものじゃないかしら?」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 14:22:31.83 ID:vWGa9W0s0
 ……一体この人は何者なんだろう。
 今まで私は、自分の気持ちを食べ物に喩える人になど会ったことがない。

「あ、あなたは……?」
 つい、口から言葉が漏れてしまう。
 私は、それくらい目の前の人のことが気になったのだ。

「私の名前は……」
 そう言うと、少女は息を吸い込み

「私の名前は、天野遠子。ご覧の通りの”文学少女”よ」

 平坦な胸を反らしながら、続けた――