※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 22:29:12.85 ID:l9ogWev60
唯「梓先輩!」

梓「うん? どうしたの唯?」

唯「このコードが解らないんですけど教えてください!」

梓「また? そこはさっきも教えたじゃない」

唯「でも忘れちゃって……てへへ」

梓「てへへじゃないでしょ、もう……」

唯「教えてくれないんですか?」

梓「教えてあげるよ、今度は絶対に忘れないようにみっちりとね」

唯「ありがとうございます梓先輩!」

梓「わっ! もう、急に抱きつかないでよ」

唯「えへへ~、梓先輩、ちっちゃくてかわいいんだもん」

梓「ちっ……、ちっちゃくなんかないよ!?」


345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 22:29:53.86 ID:l9ogWev60
唯「ちっちゃいですよ~。ほら、手のひらもこんなに」

梓「比べないでよ! そ、それは唯がおっきいだけなんじゃない?」

唯「そんなことないですよ~、梓先輩がちっちゃいんです」

梓「むぅ……、そんなことより練習しよ!」

唯「あ、話を逸らした」

梓「う、うるさい! そんなこと言ってると教えてあげないよ?」

唯「ご、ごめんなさい!」

梓「はぁ……、それで、このコードはね……」

唯「はいっ」

梓「――はっ! ……何だ夢か」

梓「でも、唯先輩が後輩……、いいかも……」

梓「今度頼んでみようかな」

 ――今度、一日だけ私の後輩になってくれませんか?



終わり