※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

471 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/09(金) 03:24:03 ID:/qd+S4xO
ある日の放課後、私は部室で先輩たちを待ちながら机に突っ伏していた。

梓(はぁ、今日は体育疲れたな…先輩たちが来るまで少し休んでよっと)

5分ほどしてうとうとしていると、階段を昇る足音が聞こえた。
これは…唯先輩かな。どうやら一人みたいだ。
それにしても、足音だけで唯先輩だと分かるなんて…伊達に唯先輩との付き合いは短くない、ということかな。

ガチャ

唯「みんなおはよ…あり、あずにゃんだけ?」

どうしよう、起き上がろうか…いや、いい機会だ。このまま寝たふりして驚かせよう。

唯「あずにゃん…寝てるの?」

梓「……」

唯「寝てるのかぁ…」

私が何も反応しないでいると、唯先輩はカバンを置いて私の席の隣に座った。
顔は見えないが、どうやら私を見ているようだ。どのタイミングで驚かせようか…そう考えていると、唯先輩はポツリと呟いた。

唯「好きだよ、あずにゃん…」

え?こ、この人は一体何を言っているんだろう。好き?私を?それはどういう意味合いで?後輩として?それとも…

私が脳内を疑問符で埋め尽くしている間に、さらに唯先輩は続ける。
472 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/09(金) 03:28:33 ID:/qd+S4xO
唯「ホントはもっとちゃんと言いたいんだけど…私、あずにゃんの顔見るとどうしてもふざけたりしちゃうんだ」

私は何も言えない。身動き一つ取れない。ただ必死に耳を澄ませて、唯先輩の言葉を聞いていた。

唯「私、バカみたいだよね…でもあずにゃんにホントの気持ち聞くの怖いんだ…だから何も出来ないの」

梓「……」

唯「はぁ…恋って苦しいや…」

梓「……」

唯先輩は黙りこくってしまった。きっと色んなことを考えながら私のことを見ているんだろう。

私はどうしていいか分からなかった。起きて何事もなかったように振る舞おうか?それとも全部聞いてましたって言おうか?
わからない。わからないけど…どちらにしても、私が唯先輩に対しての気持ちを伝えなきゃ、先輩はこのまま苦しむことになる。

それは嫌だ。だって、だって私は――

梓「うーん…あれ、唯先輩」

唯「…あ、あずにゃん…」

梓「どうしたんですか?なにか元気ないですね」

唯「うん、な、なんでもないよ…じゃあ皆が来るまで練習でもしよっか」

梓「あの先輩…私、夢を見たんです」

唯「夢…?どんな?」

梓「はい、唯先輩に告白される夢です」

唯「……!」
473 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/09(金) 03:33:50 ID:/qd+S4xO
梓「私、結構嬉しくて…それでOKしたんです」

唯「え…?」

梓「だって私も…唯先輩のことが好きだから」

唯「……」

梓「でもあきらめます。残念ながら夢なので…」

唯「あずにゃん!」

その時の唯先輩は、まるでライブの時のように強く、そして真面目な顔つきだった。
そんな先輩に圧されて、私は静かに返事をした。

梓「…はい」

唯「あのね…私…うぅ…あーもう!ふん!」

顔を真っ赤にした唯先輩は、思いがけない行動に出た。なんと自分の顔を思い切り引っ張たいたのだ。
ただでさえ赤い顔をさらに赤くして、そして私の肩を掴んで――言った。

唯「あずにゃん!大好き!だからチューして!」

梓「はい、いいで…はぁ!?」

付き合って、と言うのかと思っていた私は思わず承諾してしまった。
時既に遅し。私が何かを言おうとした時には、唯先輩の柔らかい唇が私の唇に重なっていた。

唯「あずにゃん、ありがと♪」

梓「…あ、あなたという人は…」

こうして、『夢見たふりして気合いを入れて告白してもらおう作戦』は微妙に失敗してしまった。
でもまぁ…いいか。こうして先輩と気持ちが通じ合えたなら、それで。





すばらしい作品をありがとう