※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6 :反実仮想!:2009/10/10(土) 07:42:49.36 ID:f4sRE9R+O
『第1話:入部』
私は平沢唯、けいおん部に入部した

澪「唯おそいぞ~ん、さては便秘だな!私なんか今日すげぇでかいウン…」

この子は秋山澪、美人だが少々頭が弱い

律「・・・色即是空、也」

この子は田井中律、スト2の豪鬼のような人だ

紬「唯ちゃん、んだどもギタアはどうすっぺが?」

こいつは琴吹紬、青森出身の田舎者だ。眉毛が太い

唯「ふん!ギターくらい何とかするわよ!」
紬「なら唯ちゃんの為に、みんなでぇ楽器屋に行ぐべさぁ~」
澪「酸性~!」
律「・・・我、賛同也」
唯「みんな、ありが…
ふん!嬉しくなんかないんだからね!!」
7 :反実仮想!:2009/10/10(土) 07:45:12.68 ID:f4sRE9R+O
『第2話:楽器屋』
私達は楽器屋にいた

澪「唯って貧棒なんだろ?ならフェルナンデスのギターでよくね~」
唯「なっ、失礼な!今はちょっと家計が苦しいだけよ…グスン」
澪「あ~悪りぃ、メンゴメンゴ!それより律はどれがいいと重う?」
律「・・・LP-ST、此の世の至宝也」
澪「でも…2000万もするよコレ!」
唯「20万でしょ、あんたバカァ?
でもいいわねコレ…」
紬「唯ちゃんコレ欲しいだべが?…ちょっと待っててけろ」

紬は店員と何か話しをしている、そして

紬「唯ちゃ~ん、コレ5万でいいっでよ」
唯「えっ本当!でもどうして?」
紬「じづは、おらの父ちゃんの会社の系列店なんだべココ」
唯「紬、ありがとう…ふ、ふん!感謝なんかしてないんだからね!」

こうして私はギターを手に入れた
8 :反実仮想!:2009/10/10(土) 07:49:07.22 ID:f4sRE9R+O
『第3話:親友』
ある日親友の和が部室にやって来た

和「Fuck!おいコラ律、テメエ部活申請書まだ出してねえだろ!」
律「・・・失念也」
和「ざけんな、部活できなくすんぞfuck!
次忘れたらSATSUGAIするからな!」
律「・・・くっ、無念也」
和「ったく!濡れねえぜ!!」

律は涙を流した。そして殺意の波動が消えた…

80 :反実仮想!:2009/10/11(日) 02:16:29.41 ID:+fb5FT4MO
『第4話:妹』
部活が終って私は家に帰った

憂「アネキお帰りー、今日の夕飯はかつ丼だから!!」

妹の憂、柔道のジュニア代表選手だ

唯「またぁ?あんたかつ丼好きね~」
憂「ガハハハ!かつ丼食って勝つどん、なんてな!!…うっ、くく…超ウケる!勝つどん、ってww」
唯「黙っていれば美人なのに…(顔は私に似てるから)」
憂「んな事はいいから、サッサと食った食った!!」

平沢家は今日も平和で、そしてかつ丼は大盛りだった
81 :反実仮想!:2009/10/11(日) 02:18:04.23 ID:+fb5FT4MO
『第5話:顧問』
けいおん部に問題が起こった。顧問がいないのだ

唯「ちょっと、どうすんのよ!
…べ、別にけいおん部が無くなるのが、淋しい訳じゃないんだからね!!」
澪「さわ子先生に頼んでみない?どうせ暇そうだし」

私達は職員室に行き、さわ子先生に頼んでみた

さわ子「なら、この問題が解けたら顧問をやってあげるわよ」

83 :反実仮想!:2009/10/11(日) 02:20:04.12 ID:+fb5FT4MO
問題:加減乗除や括弧などを使い、8を8個使って1000をつくれ

例(8888-888)÷8

(BGM:♪テンテンテーン テレレ テレレ
テンテンテーン テレレ テレレ…)

90 :反実仮想!:2009/10/11(日) 07:20:16.45 ID:+fb5FT4MO
唯「ふん!分からないけど、今日は疲れてるだけよ!」
澪「下弦上女って何、食い物?」
律「無、無念・・・」
さわ子「なら、顧問は無理ね。因みに答は

①888+88+8+8+8
②{(8+8)×8-(8+8+8)÷8}×8

他にもあるかもよ」

紬「あの~先生、これはどうだべか?」

紬の答:{8+(8+8)÷8}の{(8+8+8)÷8}乗

さわ子「…正解ね、分かりました顧問をやらせて頂きます」

こうしてさわ子先生はけいおん部の顧問になった
91 :反実仮想!:2009/10/11(日) 07:22:41.28 ID:+fb5FT4MO
「第6話:愛の詩」
部室に行ったら澪と律がケンカをしていた

澪「そんな怒んなよハゲ!」
律「・・・確乎不抜!」
紬「…ケ、ケンカは止めで、みなで豆大福を食うべ~」

どうやら澪が長渕剛の悪口を言ったらしい。律は長渕剛の大ファンだ

唯「二人共やめなさい!
こうなったら“愛の詩”を歌いましょう!」
92 :反実仮想!:2009/10/11(日) 07:24:27.53 ID:+fb5FT4MO
《けいおん!LOVE》
作詞:+fb5FT4MO

♪悲しい事も あるけれど
楽しい事は もっとある
部室に行けば みんないる
素敵な仲間と マドレーヌ

それはラブ La.La.Lahラブ
それはラブ La.La.Lahラブ
それはラブ La.La.Lahラブ
それはラララー マドレーヌ
93 :反実仮想!:2009/10/11(日) 07:25:38.20 ID:+fb5FT4MO
《けいおん!LOVE(コード譜)》
作曲:+fb5FT4MO

A7 Esus4
A7 A7

F#m7 G#m7 F#m7
F#m7 G#m7 A7
94 :反実仮想!:2009/10/11(日) 07:26:24.41 ID:+fb5FT4MO
澪「悪かったよ律、」
律「・・・我極まれり」

唯「もうケンカしちゃ駄目なんだからね、ふん!」

こうして二人は仲直りできた。しかしこの後、大事件が起こるのであった

209 :反実仮想!:2009/10/12(月) 01:53:02.58 ID:bmbGaB+KO
『第7話:名探偵さわ子』
事件が起こった。澪のパンツが無くなったのだ
昼休み、音楽室でジャージに着替えた時に置きっ放しにしたそうだ

さわ子「放課後に最初に音楽室に来たのは誰?」
唯「ふん、私よ!」
さわ子「なら、犯人は唯ちゃんね!」
唯「そ、そんな事しないわよ、ふん!
…そうだ、紬は6限前に音楽室に行ったでしょ?」
さわ子「なら、犯人は紬ちゃんね!!」
紬「ち、違うべ~オラ忘れ物取りに行っただげだ!
…そうだ、りっぢゃん昼休みに昼練に行っだよな~?」
さわ子「なら、犯人はりっちゃんね!!!」
律「・・・否、断じて否!」

その時、一陣の風が吹いてさわ子先生のスカートがめくれた
縞々のパンツダター

澪「・・・私のパンツだ」
210 :反実仮想!:2009/10/12(月) 01:57:37.85 ID:bmbGaB+KO
さわ子先生はその場に座り込んだ

さわ子「ご、ごめんなさい、実は…」

{回想シーン(昼休みの音楽室)}

さわ子「あらパンツだわ!…スリスリ、素敵な肌触りね、匂いも嗅いじゃおっと…クンクン,クンクン、ん~たまんねぇ!
クンカクンカ,クンカクンカ、やだ止まんないわ!
ペロペロチュッチュ,ペロペロ…よし、もう履いちゃえ!!
ズキューーーンッ!!(←効果音)
馴染む、実に馴染むぞー!」

{回想終り}

さわ子「…という訳なの」
澪「先生…それ、あげます・・・」

213 :反実仮想!:2009/10/12(月) 01:59:37.09 ID:bmbGaB+KO
『第8話:他力本願』
夏休み
私達は部室にいた。やる事は無い

澪「暇ねぇ~」
律「・・・此処は虚無也」
紬「…あづぐで~食欲もないべ」
唯「そうだ、いい方法があるわ!それは…

緊急企画ドドーン!!
【一行書き込みリレー小説】

このスレの住人へ、御協力をお願いします。前のカキコと繋がるような適当なカキコをプリーズ・プリーズ・ミー
適度な所で本編に繋げますので(カオスOK、むしろカモン)

では行きます!」
214 :反実仮想!:2009/10/12(月) 02:00:03.49 ID:bmbGaB+KO
目が覚めるとそこは
215 :自作自演:2009/10/12(月) 02:00:39.42 ID:bmbGaB+KO
埼玉県だった、そして
216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 02:01:25.30 ID:KnpQ3vNZP
ファミリーマートが近くにあって

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 02:12:24.38 ID:n9zlIUTxO
唯が「肉まん食べたいな!」と言いました。

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 02:14:33.25 ID:KnpQ3vNZP
そこで肉まんを買うことになったのですが

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 02:23:45.49 ID:n9zlIUTxO
「あぅ…お財布落としちゃったよぉ」と涙目になった唯ちゃんは

237 :反実仮想!:2009/10/12(月) 09:02:56.47 ID:bmbGaB+KO
埼玉県のファミマで肉まんを買おうとしたら財布が無かった

唯「これでは肉まんが買えない」

…あれから20年がすぎた。私は結婚して、今は2人の子を持つ専業主婦だ
時々昔を思い出す。みんな元気かな…

(反実仮想!-完)
238 :反実仮想!:2009/10/12(月) 09:04:31.92 ID:bmbGaB+KO
という夢を見た
239 :反実仮想!:2009/10/12(月) 09:05:48.07 ID:bmbGaB+KO
『第9話:新入生』
澪「いっくぞ~、フンッ!」

ヒュー、コロコロ…

審査員「7.80m」

私達は音楽室で“鼻ピーナッツ”大会をしていた
240 :反実仮想!:2009/10/12(月) 09:09:08.31 ID:bmbGaB+KO
“鼻ピーナッツ”とは!

17世紀に英国で誕生した貴族のスポーツ
ルールは単純!!
鼻にピーナッツ詰めて飛ばす、それだけだッ!!!!

だが単純なだけに奥が深い。白熱しすぎて死人がでる事もある

飛距離を競う“レイヴ”と高さを競う“エリアル”の2種類があり、けいおん部で行われているのはレイヴだ
241 :反実仮想!:2009/10/12(月) 09:10:40.12 ID:bmbGaB+KO
唯「次は私ね、・・・・・・・フンッーーーヌ!」

ヒュー、コロコロ…

審査員「10.30m」
澪「すげっ10m超えてる!」
紬「おら、エリアルなら負げねえんだけどな~」
唯「ふふ、私に勝てる人なんているかしら?」

そこに1人の少女が現われた

少女「先輩、私と勝負しませんか?」

―省略―

唯「貴方すごい*わね、名前は?」
少女「私の名前は鈴木純です」

(*何故すごいかと言うと、鼻に詰めたピーナッツが抜けなくなったのだ)

純「私の親友の中野梓って子が、捕まってしまいました
助けるのに力を貸して下さい」
唯「分ったわ」

こうして私達の過酷な戦いは幕をあけた…

298 :反実仮想!:2009/10/12(月) 21:54:52.32 ID:bmbGaB+KO
『最終回:そして伝説へ』
…遂に私(唯)は五重の塔の最上階についた
しかし、ここに来るまでに敵の死天王との闘いで澪、律、紬の3人は命を落としてしまった

唯「あんたがボスね!私はあんたを倒す!!」
ボス「ふ、お前にできるかな?」

ボスはゆっくり振り返った。ツインテールのちっちゃい女の子だった

ボス「私がここのボス、中野梓だ!!」
唯「何ですって!あなたは捕まってたんじゃないの?」
梓「ふふふ、実は…
―(省略)―
…という訳なのよ」
唯「そんな馬鹿な!嘘だ、絶対嘘だ!!
とても信じられない…
そんな事があったなんて・・・」
梓「しかし事実だ
さあ勝負!」

梓はパンチをしてきた。私はそれを避けて梓にビンタをし、そのまま押倒した
私は馬乗りになり梓を殴ろうとしたが、止めた。何故なら…
299 :反実仮想!:2009/10/12(月) 21:56:06.10 ID:bmbGaB+KO
唯「・・・あ、あんたカワイイわね…、ぺ、ペロペロしても…いい?」
梓「…うん、唯先輩、して…」
唯「ペロペロ~ペロペロ~チュッチュ・チュッチュ…」

3時間後

唯「ペロペ…、うっ!」

私はその場に倒れてしまった

梓「ふ、3時間もペロペロしてたら疲れるに決っているだろうが
馬鹿め!」
唯「不覚…」
梓「これで終りだ!」

梓はナイフを振上げた
と、その時
300 :反実仮想!:2009/10/12(月) 22:00:11.37 ID:bmbGaB+KO
澪「唯、負けんなー!」
律「うぬの力は森羅万象也!」
紬「唯ちゃん!きばっで行くっぺよ!!」

仲間が現われた。死んだ筈なのに

唯「みんな生きてたの?」
澪「ああ、自分でももうダメだ!って思ったの、でもその時…
―(省略)―
…という訳なのよ」
唯「そんな馬鹿な!嘘だ、絶対嘘だ!!
とても信じられない…
そんな事があったなんて・・・」

とにかく3人は生きていた。こんなに嬉しい事はない
そうと分かれば元気100倍。私は梓に最大・最強の攻撃を繰り出した
ミリオンペロペロ!

唯「ペロペロペロペロペロペロペロペロペロロロロロ---!!ペロリンチョッ!」
梓「うわぁーーー!!
す、素敵…」

梓は昇天した。こうして学園に平和が訪れた

『反実仮想!-完』