※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

532 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/13(火) 03:28:00 ID:jJ4VUVzN
ある日、二人きりの部室にて

唯「ん~おいひ~♪」
梓「あれ?先輩そのお菓子どうしたんですか?まだムギ先輩来てないのに」
唯「えへへ~、後輩の子が差し入れにってくれたんだ~♪」
梓「へぇ、そうなんですか…珍しいですね」
唯「あとその子ね、一緒にラブレターもくれたんだ~♪私ったらモテモテ~♪」
梓「へぇ、そうなんで…はい!?」

私は耳を疑う。ら、ラブレター!?この人はさらっと何を言っているんだろうか。

梓「せ、先輩?今なんて?」
唯「私ったらモテモテに…」
梓「じゃなくてその前!」
唯「ラブレターもらったってとこ?」
梓「そんな…」

ていうか私、何を驚いてるんだろう?
唯先輩がラブレターをもらおうが私にはなにも関係ない…はずなのに、なんだろうこの落ち着かない気持ち…

梓「…ラブレター、なんて書いてあったんですか?」
唯「えっと…『好きです、私とお付き合いしてください』…だって!いやぁ、困っちゃうなぁ~♪」
こんな風に菓子を渡すあたり、その子は結構本気なのだろうか。
唯先輩もまんざらでもなさそうだし、もしかしたら、もしかしたら…
533 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/13(火) 03:32:13 ID:jJ4VUVzN
唯「ねぇねぇあずにゃん、私どうしたらいいかな?女の子同士で付き合うってどう思う?」
梓「絶対ダメです!」
唯「え?どうして?」
梓「先輩は、その…軽音部があって忙しいんですし、その子に構ってる時間なんてないですよ」
唯「あー、そっかー…」

正直、自分でもどうしてこんなに必死になっているのか分からなかった。
とりあえず軽音部の活動のためということにしておこう。

梓「だから…断るべきです」
唯「そっか、そうだよね!じゃあ今度断りに行くよ!」
梓「それと…今後はラブレターとかお菓子とかやたらもらっちゃダメです」
唯「えー?なんでなんでー?」
梓「なんでも!」
唯「もー、あずにゃんの意地悪!わかった、お菓子食べてるのがうらやましいんでしょ!」

唯先輩はからかうように後ろから私を抱き締めた。
普段なら鬱陶しいと振り払うところだが、今日ばかりは無抵抗でいることにする。
534 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/13(火) 03:36:54 ID:jJ4VUVzN
唯「ありゃ?あずにゃん怒らないの?」
梓「…先輩」
唯「んー?なーに?」
梓「そ、その…私がいるんですから、他の子のこと好きになったりしないでくださいよ」
唯「え?うん、わかったよあずにゃん♪私、あずにゃんから浮気しないからね♪」
梓「な!べ、別に変な意味はないんですよ!?あくまで一人の後輩として心配してるだけでその」
唯「わかったってば♪んもう、かわいいんだからぁ」
梓「うぅ…」


おわり



すばらしい作品をありがとう