※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

99 : ◆PzD3ftv2xo :2010/01/16(土) 18:07:27.00 ID:.RRCu.AO
唯「りっちゃ~ん。 なんか変なの拾った」
律「拾ったってお前、小学生……!」
 律は驚愕した。唯が手にしていたのは、自分が持っているものとそっくりなデッキケースだったのだ。
律「お前、それ……どこで拾ったんだよ?」
唯「音楽室の前に落っこちてたの。 誰のかなあ?」
 よく見ると、デッキケースには蝙蝠を模した紋章が描かれている。
律(コレってまさか、あの時あたしを助けてくれた人の? って事は、持ち主は学校関係者!)
律「よーし唯! それはあたしが預かっておこう!」
唯「えっ? 先生に渡した方が……」
律「おもちゃだと思われて没収されちゃったら、持ち主の手元に戻る確率低いだろ?」
唯「なるほど~。りっちゃん頭いい!」
律「へへ~ん。それ程でもあるぜ!」
律(それに、持ち主が誰なのか確認出来るからな)
 放課後。音楽室の前に、何かを探す人影がある。
?「ここにもない……。一体どこで落としたんだろう?」
律「探し物はコレですか?」
 そう言いながら、カードケースを取り出してその人物に見せる律。
100 :◆PzD3ftv2xo :2010/01/16(土) 18:10:42.69 ID:.RRCu.AO
?「えっ?」
 振り返ったその人物を見て、律はまた驚愕する。
律「澪……!」
澪「律……! どこで、拾ったんだ?」
律「唯が昼休みに拾って来たのを預かってたんだ。てか、あの時の、澪だったんだな……」
澪「えっ? じゃあ、あの時龍から助けた人って……!」
律「やっぱりそうか……ありがとな、澪」
澪「べっ別に。当然の事だろ?」
律「澪はいつ手に入れたんだ? このデッキケース」
澪「一週間くらい前かな。鏡から出て来た化け物に、鏡の世界に連れて行かれてさ。その時私を助けてくれた人が持ってたものなんだ」
律「その人はどうなったんだ?」
澪「化け物と相討ちになった。私にコレを託して、死んじゃったの……」
律「そっか。なんか、わりー事聞いちまったな」
澪「律が謝る事……この感じ、また化け物が!」
 澪が言ったすぐ後、階下から悲鳴が響く。澪と律は、悲鳴の聞こえた場所に急いで駆けつける。
 するとそこの窓ガラスの中では、化け物に鏡の世界に引きずり込まれたのであろう生徒が、化け物に喰われそうになっていた!
101 : ◆PzD3ftv2xo :2010/01/16(土) 18:13:40.05 ID:.RRCu.AO
 澪は鏡の前にデッキケースを構える。すると、鏡から現れたベルトが澪の腰に装着される。
澪「変身!」
 そう叫んでベルトにデッキケースをセットする澪。すると、律があの時見た人物に澪が変身する。
 澪が鏡に飛び込むのを見て、律も慌てて変身して後を追う。
 律が到着すると、既に澪は交戦中だった。が、少しずつ澪が劣勢に立たされていく。
律「よ~し、あたしも……どわあ!」
 加勢しようとした律の前に、あの時の龍が再び現れる。
律「チクショー、こんな時に!」
 しかし、龍に襲って来る気配はない。むしろ何かを待っているかのように律を見つめている。
律「とにかくカードを……なんだコレ?」
 律が引き抜いたカードに絵柄はなく、ただ『SEAL』と書かれているだけだった。
律(もしかして、コレを使えばアイツの力が借りられる様になるのかも。だったら、やるっきゃねえ!)
 律は龍にカードを向ける。カードに龍の絵柄が浮かび上がり、律にその力が宿る。
その姿は、龍の力のおかげか、それまでの黒から赤に染まっていった。
102 : ◆PzD3ftv2xo :2010/01/16(土) 18:16:26.38 ID:.RRCu.AO
律「っしゃあ! 今行くぜ澪!」
 律はカードを引き抜き、龍の頭に変化したバイザーに装填する。
『ソードベント』
律「だりゃあ!」
 空から飛んできた龍の尾を模した剣を掴むと、その勢いで化け物に斬撃を浴びせる律。
 怯んだ化け物にたたみかける様に斬りつけていく律と澪。
澪「律! 今だ!」
律「任せとけ!」
『ファイナルベント』
 律は龍を模した紋章が輝くカードを装填し、その場に構える。
律「とおりゃああああ!」
 律がジャンプすると、タイミングよく龍が炎を吹き出す。その炎に包まれ、律は化け物にキックを浴びせる!
 キックを喰らった化け物は爆発四散し、エネルギーの塊のような光となって飛び去ろうとする。その光を、龍がバクリと飲み込む。

 鏡から出て来た律達。無事に生徒を助けられて、一息つく。
澪「ふう……ありがとう、律」
律「へへっ。当然の事だろ?」
 生徒を保健室に運んだ後、音楽室に向かう2人。そこには、いつものメンバーが2人を待ちわびていた。
唯「りっちゃん、澪ちゃん! すっごく待ったんだよ~!」
103 : ◆PzD3ftv2xo :2010/01/16(土) 18:19:02.66 ID:.RRCu.AO
梓「律先輩はともかく、澪先輩が遅れるなんて珍しいですね?」
澪「ああ、ちょっとな」
律「澪のやつ、無理なダイエットしたみたいでさ~。なんかフラフラしてたから保健室に連れてったんだよ」
澪「おい律!」
律「本当の事情……言えるか?」ボソボソ
澪「うっ……」
紬「だ、大丈夫なの? 澪ちゃん」
澪「うっうん、平気。保健室で休んだら大分良くなったよ」
梓「良かったあ……ていうか、本当は律先輩が気苦労かけさせ過ぎたんじゃないんですか?」
律「な、なにおーう! そんな事あるもんか!」
澪「ああ~、案外それもあるかもな~、私が太った原因」ニヤニヤ
律「おお澪よ、お前もか!」
紬「うふふ。とりあえず、お茶にしましょう?」
唯「さんせ~」
梓「唯先輩は私と練習するんです!」
唯「あう~そんな殺生な~」
梓「真っ先に来てたのにだらけてた罰です!」
紬「まあまあまあまあまあまあ」
 律達にも、再び平和な日常が戻って来たかに見えたが。それはまだ、始まりに過ぎなかった。
 窓ガラスの中に、律達を見つめる男の姿があった。
104 : ◆PzD3ftv2xo :2010/01/16(土) 18:21:36.57 ID:.RRCu.AO
終了