※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

318 :パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :2009/06/09(火) 15:52:10.78 ID:dBxdmq6WO
みんな!僕だってこのスレにいるよ!
忘れないでね!

澪「わ、わたしは忘れてないから…し、し、しんぱいしなくていいから…な…////」

俺「澪…もしかして澪は俺のこと」

澪「違う!!勘違いするな……な、なんだよその顔は!!」

俺「……」ニヤニヤ

澪「ち、違ーーう!!絶対の絶対の絶対だ…//////」

俺「そうか。いつもの澪だね。澪の顔見れたし、俺もう行くわ」

澪「ちょっと待って!クッキー作ったんだ…。た、食べて…欲しいんだ…////」ガザゴソ

俺「じゃぁな」

澪「えっ、待っ…」

顔を上げるとそこに彼の姿はなかった。

彼が立っていた場所には、私が大好きだったコスモスの花一輪と、封をした手紙が添えてあった。
322 :パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :2009/06/09(火) 16:12:29.05 ID:dDuSFFlW0
それから一時間後、母から私の携帯に連絡があって、彼が交通事故で亡くなったことを知った。

幼馴染みである彼の訃報は、彼と仲の良いどんな友達よりも早く、私の耳に入ってきた。

事故があったのはちょうど一時間前、即死だったそうだ。

こんな話を誰も信じようとはしない。

あの事故から10年以上経った今でもそれは変わらない。

だから私はいつもこうして彼のお墓には一人で手を合わせに来る。

澪「あの時の手紙、まだ読んでないんだ。ごめんね。」

北向きの風が黒く長い髪をなびかせる。

334 :パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :2009/06/09(火) 17:09:35.68 ID:dDuSFFlW0
澪「でも、ようやく気持ちの整理ができた」ガサゴソ

封の開いていない古びた手紙をバッグから取り出す。

澪「あの時は怖かったんだ。自分が、自分の気持ちを知るのが。」

手紙の封を開けると、中から二つ折りの便せんが顔を出した。

そして、ゆっくりとそれを開き、書いてある文字一つ一つに目を配った。

澪「うん・・うん・・・」

私にはそこに何が書いてあるのか、最初から分かっていた。

それなのに、こんなにも長い間彼を待たせてしまった。

澪「ごめんね。待ったよね。一人でずっと待っててくれたんだもんね。」

「・・・・・」
336 :パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :2009/06/09(火) 17:13:10.83 ID:dDuSFFlW0
澪「・・・。そ、そうだ!この手紙に書いてあること・・・返事・・言わなきゃ。」

「・・・・・」

澪「わ、わたし秋山澪は、あなたのことを」

その時、再び北向きの風が吹いた。

先程より強い風が、大きな音を立てて私の言葉をかき消した。

澪「聞いてくれた?わたしの気持ち・・・。」

「・・・・・」

澪「・・・また来るから・・な。・・・絶対の絶対の絶対だぞ。」

薄い雲の隙間から日が射しこみ、帰る私の背中をぽかぽかさせる。

私は彼の分も生きなきゃ。

ずっと、一緒だよ。

END