※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:04:50.97 ID:HpubjADO
純「あ゙ーー!髪がまとまらないーー!」

梓「またすごいね…そんな髪の女神がギリシャ神話にいたような」

純「うう…梓のつやつやストレートがうらやましい」

梓「美容院でストレートパーマしてもらえば?」

純「お金が…」

梓「じゃあバイトでもしてさ…」

純「選ぶのめんどくさい…」

梓「まったく…」

140 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:09:03.71 ID:HpubjADO
憂「経験談を聞けばどんな仕事をするにもイメージしやすいよね」

純「あたしのまわりでバイトしてる子いないからさー」

梓「そだ、だったらムギ先輩に聞いてみる?確かこないだまでバイトしてたし」

純「え?あの先輩アルバイトしてたの!?」

梓「そうだけど」

純「そっそうか…裕福そうに見えて実は…あ!もしかして…」
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:14:58.15 ID:HpubjADO
唯「ムギちゃんの持ってくるお菓子はいっつもおいしーなー☆」

紬「ありがとう♪」

律「マジいつもうめーもんな!」

澪「いつも悪いな」

紬「いいのよ☆」

唯「明日はどんなお菓子かなー」


紬「ああ…どうしよう…お小遣いだけじゃもう買えない…でもみんなの期待を裏切るわけには…」

紬「そうだわ!アルバイトをしてお菓子代に……」


純「↑ってことが」

梓「ないない」

142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:17:51.13 ID:HpubjADO
憂「とにかく紬さんに聞いてみる?」

純「そうだね」


音楽室

紬「ハンバーガー屋さんのアルバイト?」

純「はい!どんな仕事だったか聞きたくて」

紬「そうねぇ」

143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:24:31.63 ID:HpubjADO
紬「…こんな感じかしら?」

梓「どう純?」

純「うーん…バイト内の派閥とか油の臭いが髪について取れないとか…それは嫌だなぁ…」

紬「そうよねえ。派閥は私にはあまり関係なかったけど油の臭いは大変だったなぁ」

唯「やっほー。あ、憂と純ちゃんがいるー!」

純「こんにちは」

唯「どしたのー?」

純「実は…」

145 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:29:15.01 ID:HpubjADO
唯「ふーん。じゃあじゃあ交通量調査のバイトなんかどーぉ?」

紬「それなら簡単よね」

純「ああ、あの交差点とかで座りながらカチカチ押す仕事ですよね?」

唯「そうそう!」

純「うーん…単純作業はちょっと苦手で…あとは排気ガスも…」

唯「そっかー」

梓(この子は何かにつけて結局何もバイトしない気がする…)

147 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:34:15.75 ID:HpubjADO
下校中

純「結局良いバイト見つからなかったなー」

憂「そうだねー」

純「梓には呆れられるし……?」

憂「何かあった?」

時給一万円
簡単な電話番です。誰でも出来ます。

純「すっすごい!こんな夢のようなバイトがあるの!?」

憂「純ちゃん…これはどう見ても…」

純「しかも『昼飯付き。一日だけでも可』だって!私ここでバイトする!」

憂「あはは…うっうん……いいんじゃないかなぁ…」

148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:42:10.50 ID:HpubjADO
週明け

梓「えっ?純そんな怪しいバイトに…?」

憂「うん…止めたんだけど…」

梓「そっか…憂は悪くないよ…」

憂「昨日からって言ってたけど」

梓「あ、噂をすれば」

純「…」

梓「バイトどうだった?」

純「その話はさ…やめよう」

憂「もっもしかしてお金もらえなかった!?」

純「いや…お金はほら…良い仕事したってこんなに…」

憂「え?じゃあ」

純「」ふらふら

梓「憂、今日はそっとしておこう」

憂「そっそうだね…」

149 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:47:33.38 ID:HpubjADO
次の日

純「おはよー!」

憂「あ、純ちゃんパーマしたんだー!可愛い!!」

梓「ホントだ。ストレートも似合ってるね」

純「でしょでしょ!もー嫌なことは忘れてさ、パッーと気晴らししてきたの!」

憂「そっか!だけどあれだけお金貰ったらしばらく大丈夫だね!」

純「え?もう全部使っちゃったけど?」

梓「早っ!?てかどんな使い方したの」

純「ベースの弦交換でしょ、新しい服でしょ、欲しかった漫画でしょ、あとはー」

憂「あっはは…」

梓(あぶく銭とはまさにこのこと…)

150 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/11(火) 22:53:30.64 ID:HpubjADO
一週間後

憂「梓ちゃーん!ごめん待った?」

梓「ううん全然!まだ純も来てないしさ」

純「おはよう…」

憂「おはよう純ちゃん…あれ?」

梓「元気ないね。しかもそんなに帽子を深くかぶって」

純「うぅ…見てよコレー!」

帽子を取る純、瞬間

ぼふんっ!

憂「わぁ!?髪が元通り…」

梓「いやそれ以上に爆発してる…」

純「うわーストパー一週間保たなかったーーー!!!」

憂「じゅっ純ちゃんファイト…だよ?」

梓「やっぱりあぶく銭だったか…」