※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第142回


みなさん、どーも。
"明日は天皇賞!"略して"勝手にデータ集"。
私には無縁ですNE!( ^ω^)という声はスルーしてさっそく行ってみましょう。

今回のテーマ

試合消化スピードアップ計画~試合消化速度~


球団によって試合の消化速度はバラバラ。
ひどい時は30分で終わってるところと次の日に終わってるところ、なんてありますからね。筆者泣かせです。
そこで今回は、初日突入からどれくらいのスピードで試合を消化できたか、ザザッと集計しました。

球団 全試合消化時間 速度(m/g)
西武 0:59 1.31
ロッテ 1:05 1.44
日本ハム 1:12 1.60
ソフトバンク 1:12 1.60
オリックス 1:14 1.64
楽天 1:14 1.64
横浜 2:48 3.73
ヤクルト 3:22 4.49
広島 3:28 4.62
阪神 3:28 4.62
中日 3:31 4.69
巨人 3:31 4.69

パリーグが早く終わったのは予想通り。
西武が最速、そして首位で初日終了。それに続くように他の五球団も試合を消化しました。
順位も僅差、パリーグはスピード勝負ですね。
それに対して、セリーグは確実性が求められている模様。
スピードは遅いですが、広島が2位横浜に7.5ゲームをつけて独走。
ただセリーグはどっちかというと「警戒しすぎて突っ込まない→結局どっちかが折れて突っ込む→突っ込まれたほうが慌てて対処→その間に総攻撃→ズドド(ry」というような戦法が多いため、誰も動かないということが多いようです。

いかがでしたでしょうか?
スピードが早くて選手の起用法がうまくてかつ貢献の赤字を減らしつつ勝ち星も増やしていくムード○な采配人がいればお知らせください。ってそんな完璧な采配できたら殿堂モノですね、ええ。
それではまた次回、第143期初日全試合終了後にお会いしましょう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -