※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西武ライオンズ37年度


チーム成績



優勝 98勝31敗6分


チーム打率 .294
チーム本塁打 114本
チーム総得点 581点
チーム総失策 56
チーム防御率 1.70
チーム総失点 256点

<総評>

球界トップの打率・防御率で他球団を大きく引き離し、優勝を勝ち取った。

(野手)
相変わらず繋ぐ打線は健在で、どこからでも点が取れた。
下位打線の犠打の多さも際立った。
これに足が絡むともっと良い打線になるだろう。

(投手)
先発4人の防御率が1点台、全員が10勝以上と非常に好成績を残した。
リリーフ陣も安定しており、とくに高木・Kagetora両投手の活躍はお見事

個人成績


野手

選手名 製作者 守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率 獲得タイトル
大沢舞子 スターダスト 捕手 .358 6 60 0 .466 MVP、首位打者、最多安打、B9、GG
タヴァーノ セルヒオ 一塁手 .280 24 75 0 .990 GG
メントス アルセス 二塁手 .248 10 57 0 .983 B9、GG
clutchzilla toshi 三塁手 .329 26 98 0 .950 B9
異人さん 南蛮人 遊撃手 .264 7 54 0 .998 B9
マッコウ ヲボエ 左翼手 .320 21 71 1 .984 B9
らんでぃぼーん ぼん 中堅手 .186 6 39 0 .982
サラサ3rd あるみ 右翼手 .327 9 59 23 .995 B9、GG
リオン ペガサス DH .296 6 46 0 - B9

野手寸評 (打順は135試合消化時)

打順 守備 選手名 コメント
1 サラサ3rd 惜しくも200本安打に届かなかったが、高い出塁率で1番としての役割を十分に果たす。
2 マッコウ 中軸へ繋げるだけでなく、1発ありと恐怖の2番として定着
3 大沢舞子 チームトップの打率で打線を牽引。対右.393と右キラーぶりも見せた
4 clutchzilla チャンスに強いバッティングを見せ、中軸の核を担った
5 タヴァーノ チーム2位の本塁打も、チャンスでの弱さを見せた
6 メントス 多くの好プレーで投手陣を救った。左投手への脅威にも
7 DH リオン 打順は7番も、1番らしい活躍をみせ多くのチャンスを作った
8 異人さん 高い守備力で投手陣に安心感をもたらした。チーム1の犠打数で上位へのチャンスメイクも
9 らんでぃぼーん 衰えの影響が大きく不振。堅実な守備は健在か

投手

選手名 製作者 役割 防御率 勝利 敗戦 セーブ RP 投球回 奪三振 獲得タイトル
雪見だいふく あゆむ 先発 1.67 15 5 0 0 194 1/3 110
mizkan みつくち 先発 1.50 13 2 0 0 162 1/3 85 最高勝率
水瀬名雪 Key 先発 1.38 16 4 0 0 169 2/3 59 サイヤング賞、最優秀防御率、最多勝利、B9
松川誉弘 エースM 先発 1.86 14 5 0 0 184 1/3 66
オーレ pio 先発 2.28 13 5 0 0 153 2/3 78
栗須 オースティン 先発 1.51 15 4 0 0 172 1/3 68
高木 ギッセル 中継 0.29 1 0 1 8.1 31 1/3 21
Kagetora Cashman 中継 0.76 4 0 2 15.0 47 1/3 28 MVP、B9
チェルシー takesi 中継 2.58 2 4 2 7.8 38 1/3 16
麻生岬 麻生岬 中継 3.80 2 1 0 4.6 21 1/3 9
瀬戸内 名無し 中継 5.14 2 0 0 1.4 7 5
凛奈 ゆう 抑え 1.52 1 1 37 0 41 1/3 22 最優秀救援、B9


投手寸評  (投順は135試合消化時)

投順 選手名 コメント
10 栗須 若いながらも先発の一角としての役割を十分に果たす。完封11はお見事
11 水瀬名雪 チーム最多16勝・防御率1.38という非常に優秀な成績をマーク
12 松川誉弘 被本の多さが気になるが、十分な成績
13 雪見だいふく 剛速球を武器に奪三振110と安定感バツグンの活躍
14 mizkan 直球1本でも十分通用。牽制の上手さも光る
15 オーレ 周りの出来の良すぎに影に隠れがちだが、13勝をマークし活躍
16 高木 文句の付けようのない活躍で、リリーフ陣を引っ張った。
17 チェルシー 安定感のあるピッチングを披露も、ピンチに若干の弱さも
18 瀬戸内 名無しのためコメントなし
19 麻生岬 今シーズンは不本意な結果に。被本の多さが目立った
20 Kagetora 高木選手と共にリリーフ陣を支える活躍を見せた
21 凛奈 成績は安定も、左打者への弱さが気になるところ


来期に向けて・・・

ココまで黄金期を築き上げてきたが、来期から投手陣の転生が始まるなど厳しいシーズンを迎えることが予想される。
球界一のおじさん軍団もそろそろ潮時か。
今までのような独走態勢は取れないだろう。
野手陣は十分な援護をしてあげられるかがポイントとなりそうだ。
投手陣はリリーフ陣がこれまで以上に起用されることが予想され、どこまで踏ん張れるかがポイントだろう。幸いなことに優秀な捕手が在籍していることが好材料ではある。


対戦成績と気になるアイツ


ロッテ 177 敗3分
チームの印象 野・投手共に優秀な選手が多い。失策が目立つか
saikou(スカル) 球界を代表するスラッガー。対戦するときは警戒せよ
セナ(セナ) 若手ナックルボーラー。しばらくは手を焼くことになりそう・・・

オリックス 198
チームの印象 投打のバランスが良いチーム。これから伸びるだろう

日本ハム 216
チームの印象 打撃のチームだろうが得点率に欠ける。投手陣が揃えば・・・
しゃうがう(正午) 足の速い選手で盗塁技術がある。塁に出すと厄介

楽天 195 敗3分
チームの印象 犠打が非常に多いチームで、守備が堅い

ソフトバンク 22勝 5敗
チームの印象 これといったストロングポイントがないか




最終更新2007/9/8/16:07 
ゆう 変更・・・レイアウト・
   追加・・・総評・寸評・来期に向けて・対戦成績と~

   あと個人成績に色づけしてみました。
   リーグランキング上位3位まで入ったら・・・って感じです