※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点



プロやきうニュース!
ついに2008年、最後の放送です
今年もたくさんの方々にご覧頂きありがとうございました
本日も宜しくお願いします!それでは参りましょう!


第156回ペナントの2日目終了時点での順位からです!

順位 セリーグ パリーグ
1位 広島 楽天
2位 阪神 ロッテ
3位 巨人 オリックス
4位 ヤクルト ソフトバンク
5位 横浜 西武
6位 中日 ロッテ

まずはセリーグ
広島が阪神に1ゲーム差を付けての首位となっています
近年のセリーグは打高投低へと変化しつつありますが、その中で長打力を発揮し1試合4点を叩き出す打線は見事です
投手陣は最高齢でも30歳という若い先発陣と、ベテランが味を出すリリーフ陣が上手く噛み合い、防御率2.66と踏ん張っています
その広島を追いかけるのが阪神
長い間苦しんでいた鬱憤を晴らすかの如く、昨シーズンは見事優勝を果たしました
今期も投打共に好調であり、連覇を目指します

続いてパリーグ
こちらは楽天が早々に勝負を決めたと言って良いでしょう
1.92と磐石を誇る投手陣、リーグ1の繋がりを持つ打線に穴はなく、おそらく3日目が始まると同時にマジック点灯となりそうです
Aクラス争いは混戦で、5割を上回る事ができるかがポイントとなっています


次は選手の個人成績にいきましょう
まずセリーグ野手部門からです

順位 打率 本塁打 打点 出塁率 盗塁
1位 CE(広) Mr.Fahrenheit(巨) CE(広) 大田泰示(巨) たっちょん4(阪)
2位 たっちょん4(阪) アクセラ(広) 候(阪) 候(阪) 灰狐(横)
3位 灰狐(横) Daiki(巨) Mr.Fahrenheit(巨) CE(広) THE・GOD (ヤ)

打率・打点王には広島の主砲・CE選手
昨年はMVPを獲得しており、このままいくと2年連続の受賞となりそうです
地味ながらダブルプレーが2つというのも、チームに貢献していると言えそうです

本塁打王には巨人・Mr.Fahrenheit選手と広島・アクセラ選手
共に22本塁打と長打力を発揮しています
本塁打上位の選手は軒並み20代中盤~30代前半であり、若くて実力を持ったスラッガーが増えてきています

出塁率No.1は巨人・大田泰示選手
守備のエキスパートは3割2分の打率に加え、四球も44個ときっちり裏方に徹しています

盗塁王はマクロスF選手の引退により、競争が激化しています
ここまで38個の盗塁を決めてトップに立つのは、阪神の安打製造機・たっちょん4選手
打率ランクでも2位につけており、2部門でタイトルを目指します


次にセリーグ投手部門

順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 大矢明彦(巨) そんな大人(広) 大矢明彦(巨) 国府田(阪) 太郎7(巨)
2位 寒風の滑空者(ヤ) 大矢明彦(巨) 寒風の滑空者(ヤ) ジョンソン(広) ちよすけ(阪)
3位 古川汐(中) 犬5(阪) 杉並(阪) アセトン(阪) バイキンマン(ヤ)

防御率と奪三振の2冠王に巨人の大矢明彦選手
前回の放送でもこの2部門でトップとなっていました
今期も好調を維持しており、4年連続のMVP&沢村賞へ向け視界良好です

最多勝には広島のそんな大人選手
ここまで14試合12勝(2敗)と全ての試合で勝ち負けが付いており、しっかりと先発としての役割を果たしています

中継ぎ部門は阪神・国府田選手
7勝負け無し・RP14.85・防御率1.84と、どの面を見ても素晴らしい成績が残っています
自慢の制球力はリーグ1位2位を争う高さであり、その力を100%発揮していると言えるのではないでしょうか

抑え部門は巨人の太郎7選手
25試合に登板し、1勝24セーブと試合を壊すことなく、好リリーフを続けています
2位以下もセーブ数に大きな差はなく、最終日の登板は全て落とすことない様にしたいところです


次はパリーグ野手部門

順位 打率 本塁打 打点 出塁率 盗塁
1位 嶋基宏(楽) 祇園藤次(楽) 祇園藤次(楽) 嶋基宏(楽) 嶋基宏(楽)
2位 BCL出身(楽) 遺体(ソ) 遺体(ソ) BCL出身(楽) 蒼井そら(ロ)
3位 蒼井そら(ロ) FIN6(オ) 荒々木(ソ) 山崎(オ) Chicago (ソ)

首位打者・最高出塁率・盗塁王は楽天の嶋基宏選手
ついに称号「球聖」を極め、その説明通りに文句無しの成績を残しています
特に打率は.366、得点圏打率.382と向かうとこ敵無しです

本塁打王は楽天の祇園藤次選手、ソフトバンク遺体選手が18本で並んでいます
得点圏打率は遺体選手の方が高いのですが、打点王争いは祇園藤次選手が大きくリードしています
祇園藤次選手の場合は、前に嶋基宏選手・BCL出身選手が並んでいるのが影響しているのでしょう


最後にパリーグ投手部門です
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 四田(楽) 四田(楽) りりぃ(西) 車輪の唄(日) 邪気眼(笑)(ロ)
2位 りりぃ(西) 洩矢諏訪子(オ) 谷村(オ) ももんが(楽) MICHEL(楽)
3位 KKK(楽) リゾナント(楽) ビックボス(西) 蒼田(オ) 水餃子(オ)

最優秀防御率&最多勝には首位楽天のエース・四田選手
防御率0.74に14勝、10完封と全く危なげなく勝利を重ねています
ここまで被本塁打もなく、このまま2冠王ゲットとなりそうです

最多奪三振には西武のりりぃ選手
防御率でもランク2位につけている豪腕は、今期もガンガン三振を奪っています
谷村選手もほぼ同じペースで三振を取っており、最後まで僅差の争いとなりそうです

中継ぎ部門には日本ハムの車輪の唄選手
防護率は驚きの0.31!
許した本塁打1本が惜しまれますが、大車輪の働きを見せています

最後にセーブ部門はロッテの邪気眼(笑)選手
全てにバランスの良い能力を持ったリリーバーで、3敗・防御率3.62に不安は残るものの、ここまで29セーブと大きく引き離しています


最後に今年の新人王は誰だ!のコーナーです

セリーグ野手部門は横浜のバルキリー選手
バッティングでは勝負強さを発揮し、センターでの守りも軽快です

セリーグ投手部門は中日のスコープドッグ選手
ここまで23試合、49イニングで奪った三振は30と奪三振マシンとなっています
防御率も2.01と安定しており、即戦力の名に違わぬ活躍です

パリーグ野手部門の有力候補は楽天の川相昌弘選手でしょうか
セカンドを守り失策は7と堅守を見せ、打率もルーキートップを記録しています

最後にパリーグ投手部門はオリックスの田中選手
ここまで15試合は非常にまとまった投球を披露しており、最終日で何とか防御率を1点台に乗せ、新人王当確といきたいところです


本日も、そして2008年も最後までお付き合い頂きありがとうございました
それでは失礼します!
また来年もお願い致します!



名前:
コメント:

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -