※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東北楽天ゴールデンイーグルス

  • 159年度野手

全員で1点を取りに行く。




選手名
(製作者)
評価 称号 獲得タイトル
嶋基宏
(走る捕手)
走攻守、全ての面に置いて引っ張る楽天の正捕手。
彼のプレイ振りを以って、周囲から球聖と評される。
球聖 AS⑩ B9⑪ 首位打者③ 最多安打④ 盗塁王⑤ 野手MVP② 最高出塁率① GG①
BCL出身
(tosiki)
簡単には凡退しない粘り強さが魅力の中距離砲。
高い打撃センスと安定感を見込まれ5番に座る。
AS③ ASMVP① GG②
川相昌弘
(いぶし銀)
守備力を見込まれ入団し、守備で活躍を見せる。
打撃面でも徐々にだが、成長を見せる。
新人王
もも
(フルーツ)
シーズン.285の打率を残した経験もある。
少しのきっかけで大きく飛躍出来るか。
-- GG②
佐川
(あだち)
攻守に活躍が求められる楽天の遊撃手。
ミスのしない守備力に加えパンチ力のある打撃を併せ持つ。
-- AS⑦ ASMVP① B9④ GG⑤ 野手MVP②
カル6
(まあく)
確かなミート技術が特徴の左翼手。
上位に座りマシンガン打線の一角を担う。
最多安打① GG① B9①
鉄平
(ネギ)
高い走力と守備能力を活かした積極守備が大きな特徴の中堅手。
攻撃では自慢の選球眼で出塁し、塁上を駆け巡る。
GG③ AS⑤ B9① 野手MVP①
落合
(ふくし)
父親は神主打法で有名な三冠王打者。
育成選手として再入団、活躍を見せていけるか。
--
祇園藤次
(ヴェ・デルチ)
DH 楽天の4番として定着し始めた。
彼の活躍により得点率は大幅に上下する。
打点王② B9①

  • 159年度投手

全員で1点を守りきる。



選手名
(製作者)
評価 特称 タイトル
レベッカ
(ミュー)
多彩な変化球を用いて打者を惑わせる投球が持ち味。
確実な制球力があるからこそ、変化球が活きる。
KKK
(SSS)
常に球に変化を付ける投球で打者の芯を外すスタイルが身上。
投球に安定感が増し、若手ながら厳しい場面も投げぬける実力が付いた。
AS① 投手MVP① 沢村賞① B9①
坪井康晴
(3959)
各能力に非凡な才能を感じさせる投手。
レベッカと同期であり、2人の成長が期待される。
西城恭兵
(シャウト)
140km後半の速球とカットボールで打者を抑える。
大きな特徴をこの先付けて行きたい。
四田
(mizkan)
大きく曲がるカーブを軸に投球を組み立てる。
カーブ以外の変化球をどのタイミングで使うかが鍵となる。
トルネード投法 AS② ASMVP① 投手MVP② 沢村賞③ 最優秀防御率① 最多勝利② 最高勝率① B9③
リゾナント
(ガキんこまめ)
鋭く曲がる変化球、確実な制球力を駆使し打者を押さえ込む。
鋭く曲がるシュートを新たに覚え、小さな大投手へと突き進む。
小さな大投手 AS④ 投手MVP① 沢村賞① 最優秀防御率② 最多勝利① B9①
イチロー2
(一浪)
オールスターにも選ばれた経験がある。
課題は多いが、1つずつこなしていきたい。
AS①
清☆戦国大名
(戦国大名)
元々大きな特徴であった制球、変化球に加え直球の質も増した。
大きな欠点がなく、確実にリレーを遂行する。
トルネード投法 AS④ 最優秀中継ぎ② B9②
坂元弥太郎
(久)
確かな制球力が特徴の高卒投手。
シーズンを通して戦える身体を作って行きたい。
-- AS①

()

マダックス
(デイデイ)
キレの良い5種類の変化球と2シームを持つ異色の投手。
多彩な変化球を失投をせず投げ込む姿は、精密機械と評される。
精密機械 AS②
ジーグラー
(ワータル)
今期のみの配置転換。
立ち位置が変わっても変わらぬ活躍を見せる。
AS①

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -