※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東北楽天ゴールデンイーグルス

  • 165年度野手

走塁術を駆使しチャンスを拡大し、主砲が試合を決める。


選手名
(製作者)
選手イメージ画像 紹介 獲得タイトル
伊志嶺忠
(阿部2世)
沖縄出身の阿部慎之助以来の大物捕手と呼ばれる逸材。
守備面は一線級、プロの投球に慣れ打撃面も磨いて行きたい。
BCL出身
(tosiki)
簡単には凡退しない粘り強さが魅力のスラッガー。
楽天自慢の長距離砲として、打ち続ける。
AS⑤ 首位打者② 最多安打① 最高出塁率③ B9⑥ ASMVP① GG②
川相昌弘
(いぶし銀)
失策をしない守備力に加え、打撃面でも意外性の枠から脱却し始めた。
守備、打撃両面で魅せてくれる。
新人王 B9① GG①
カル7
(まあく)
今期三塁にコンバート。
打撃面で既に定評を得ているが、守備面では少々不安が残っている。
鳥谷敬
(ネギ)
確実性のある守備を見込まれ入団。
四球を選ぶ能力に長けており、将来の上位打線候補として期待される。
B9① GG①
いちご
(フルーツ)
選球眼の良さからスラッガーの素質を飼われ入団。
ミート技術も年々成長しており、好球必打を確実に遂行する。
藤本徹
(あだち)
守備技術に定評がある中堅手。
松本コーチの元、脚力に磨きをかける。
AS① B9① 新人王
落合
(ふくし)
父親は神主打法で有名な三冠王打者。
安打を放つ事にかけて、確かな成長が見えて来た。
B9①
祇園藤次
(ヴェ・デルチ)
DH 4番として、重責を担う立場であるが期待に応えている。
豪快な打撃でチームを引っ張る。
打点王② 本塁打王① B9①

  • 165年度投手

必死に繋いで、1点を守りきる。



選手名
(製作者)
選手イメージ画像 紹介 タイトル
レベッカ
(ミュー)
多彩な変化球を用いて打者を惑わせる投球が持ち味。
球質の重い球を低め、低めに集めて凡打の山を築く。
KKK
(SSS)
常に球に変化を付ける投球で打者の芯を外すスタイルが身上。
技巧派投手として、一定の地位を築いている。
AS① 投手MVP① 沢村賞① B9①
坪井康晴
(3959)
持ち球全て、決め球と言える程の威力を持つ。
ここ数年で大きく台頭、期待の成長株。
西城恭兵
(シャウト)
140km後半の速球とカットボールで打者を抑える。
ここ最近はフォークに挑戦、マスターし投球に幅を広げていけるか。
四田
(mizkan)
全盛期の球威やキレは見る影も無いが、そこは投球術で補う。
まだまだ若手に負けられない。
AS⑥ ASMVP① 投手MVP③ 沢村賞④ 最優秀防御率④ 最多勝利③ 最高勝率② B9④
織田信長
(戦国大名)
確実な制球力を武器に活躍する助っ人。
新時代を自らの手で築いていく。
イチロー2
(一浪)
オールスターにも選ばれた経験がある。
課題は多いが、1つずつこなしていきたい。
AS①

()

ジーグラー
(ワータル)
非常に捕らえ難いナックルカーブが大きな特徴。
連投能力が高く、苦しい場面では彼の力が必要になる。
AS③
野茂英雄
(デイデイ)
打たせて取るフォーク、三振を取るフォークを武器に投げる。
負担の少ない場面で経験を積んでいく。
AS①
海蛍
(ほたる)
高い回復力と大崩れしない投球では非常に起用しやすい投手。
苦しい台所事情を存分に支えてくれている。
B9①
源内
(平賀)
江戸時代に多彩な才能を見せその名を世に知らしめた。
投手としても、多彩な才能を発揮していけるか。