※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阪神



ご存知、セ界に君臨する大正義球団。
その強さは圧倒的で鯖ペナ最強球団の称号をほしいままにしている。

野手陣は「野獣」レーシック吉村が打線の核となり、破壊力抜群。
しかも比較的にまだまだ若さが目立ち、今から末恐ろしいものである。

投手陣は北島公次、テイスティの二枚看板に加え新戦力のエリーチカやおぉみが常勝軍団を引っ張る。
しかし、期待の若手が新井貴浩くらいで全体的に高年齢であることが気がかりか。

注目選手:ジョーヌ
21歳という若さながらも、破格のパワーを持つ未来の主砲候補。
すでに上位打線を任されており、今後の活躍に期待される。


広島



初優勝に向け、打倒阪神を目指すセの強豪球団。
毎年阪神とデットヒートを繰り広げているが、惜しい戦いが続いている。

阪神以上の野手陣の厚さが強みで、雷改、SDE、YJSNPIによる高い得点力が自慢だ。
また、蝋人形やはいねこといった期待の若手もおり、将来性も兼ね揃えている。

投手陣は「ビッグシックス」藤堂ユリカをはじめ大津、ペリーヌッ!の三本柱がチームを支える。
期待の若手も居るため彼らを軸とした育成を進めていくことが悲願成就の鍵になるだろう。

注目選手:藤堂ユリカ
広島が誇るエースで、あまりの変化量とキレから「フェイドアウェイ」と呼ばれるスクリューが武器。
すでに殿堂入りもはたしているが、今後この選手がどこまで成績を伸ばせるかに注目したい。


横浜



何度もの采配者の離脱で低迷していたが、新戦力の相次ぐ加入で一挙して未来の強豪候補に名乗りでた。
いま現在は2強とは差があるが、今後要注目の球団である。

一時期は壊滅的に打てなかった野手陣もここ数年で上昇傾向に。
それでもカモメが翔んだ、前川みくにゃんなどといった主軸候補もおり、まだまだ成長の余地を残している。

投手陣はないとう、凡ミス、飛翔王の三本柱が魅力のひとつ。
リーゼロッテやD.マッカーサー、比叡一などといった若手が育てば面白いだろう。

注目選手:リーゼロッテ
160キロ近い速球が持ち味の若手先発。
まずは制球を磨き、今後の横浜ローテ陣を支える存在になりたい。


ヤクルト



かつて打倒阪神を成しえたヤクルトも最近は停滞気味。
それでも復権に向け着々と戦力が整いつつあり、期待十分だろう。

本郷猛を軸とした上位打線には流浪のカッス、フリメルダなどタレントが揃うが下位は国内中心という打線になっている。
また捕手も国内選手なためまずはしっかり補強したいところ。

投手陣は比較的に安定しているが、タイトルを狙えるような選手が皆無というのが現状である。
今後はvayneを中心にTonyRomo、Cといった将来性抜群の若手を上手く育て、上位を伺いたい。

注目選手:つば四郎
高いミート力を武器に将来の燕打線の核を担う新鋭。
すでに好成績を挙げているがまだまだ若く、もうワンランク上の選手になれるポテンシャルを残している。


巨人



黎明期の栄光とは裏腹に長年低迷を続けている。
しかし有力なベテランも数居るため、彼らがチームを引っ張っていけば展望は以前よりも明るくなるだろう。

野手陣は巧打力には優れているが、長打力に欠け全体的に得点力不足になっている。
まずは打線の核たる選手を育成することが浮上の鍵になるだろう。

投手陣もやはり国内選手が目立つ。
ドラフトなどを活用しながら戦力を整えたい。

注目選手:むらた2
捕手ながら上位打線を担う攻撃型捕手。
投打ともに扇の要となり、チームを盛り立てていきたい。


中日



無敵と称されたかつての大正義球団も一転、暗黒に漬け込まれているのが現状。
また球団人気も低く、まずは協力しながら上げておきたい。

投打に有人選手が極端に少なく、その様は皮肉にもかつてのヤクルトを思わせる。
まずは人集めをしたいが、あまりに絶望的なため出来れば有力なベテランの移籍を期待したい。

注目選手:モス
暗黒中日を支えるスピードスター。
まずは結果を残し、チームの希望となりたい。



下にいくほど適当になっているのは仕様です。


名前:
コメント:


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -