※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

81年度ヤクルトスワローズ成績


順位 勝率
2位 .636 84 48 3

打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 得 点 失 点 失 策 得点率 失点率 失策率
.271 2.34 -- 113 72 -- -- 86 3.1 -- --


つば九郎メモ
今季は84勝という驚異的な勝利を収めたが、僅差で中日に敗れてしまった。
最終日に驚異の11連勝で怒涛の追撃を仕掛けたが首位の中日には及ばなかった。

野手陣はスーパー名無しのホージーの出塁、栃浦選手の犠打、そしてあずりん選手、太子選手、コンソメ味選手のクリーンナップの一発で得点というパターンが多く目立った。
そして、数字に現れない立役者としては下位打線の選手たちだ。
彼らが出塁し、かき回すことによって抜群の打力を誇る上位打線に繋ぐのである。
まさにこれまで追い求めてきたヤクルトの打線。
往年の『爆ヤク打線』復活のときがやってきた。

投手陣も柳投手を筆頭に好成績を挙げた。
そしてさらに豪華な中継ぎ陣、最後には新人の紅音ほたるJr.投手に繋ぐ方程式が確立された。
ただ、最後の砦の紅音ほたるJr.投手が限界突破してしまったのは、やはり新人を酷使してしまったのは、これからのヤクルトに対する大きな不安だ。

ここまで来たのなら、やはり目標は優勝、日本一だ。
ここ最近続いている荒波に落ちずに、着実に浮上したい。


セリーグ上位3位以内の個人成績と受賞
  • 太子選手 が34本塁打を放ちリーグ2位!
    • さらに出塁率.390をマークし、リーグ3位!
  • 柳投手 が投手MVP獲得!
    • サイヤング賞獲得!
    • 防御率1.29をマークし、最優秀防御率獲得!
    • 奪三振208をマークし、最多奪三振獲得!
    • 17勝をマークし、リーグ2位!
  • エレベーター選手 が新人王獲得!
  • 紅音ほたるJr.投手 が新人王獲得!



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -