※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点


さて本日も始まりましたプロやきうニュース
第82回2日目終了時点での順位からどうぞ!

順位 セリーグ パリーグ
1位 巨人 楽天
2位 広島 西武
3位 中日 ロッテ
4位 横浜 オリックス
5位 ヤクルト ソフトバンク
6位 阪神 日本ハム

セリーグは初日首位の広島を逆転した巨人が3.5ゲーム差をつけ首位に立ちました!
直接の対戦成績では広島・ヤクルトに負け越していますがなんといっても阪神相手の16の貯金が影響しての結果と言えるでしょう
最終日の采配は非常に重要になってくると思われます
一方のパリーグ、こちらは楽天が2位西武にわずか0.5ゲーム差でなんとか首位をキープしております
戦力値的にはパリーグトップの東北楽天ゴールデンイーグルス
いよいよ念願の優勝なるか!最終日の動向に注目です!

次は各タイトル争いを見ていきましょう!
まずセリーグ野手部門
順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 太子(ヤ) 失墜の天使(広) 下宿魂(広) 山口政信(ヤ)
2位 寿司(横) 珍獣(巨) 結城(中) 栃浦(ヤ)
3位 小川芽衣(巨) 結城(中) 富竹(巨) アキーノ(横)

次はセリーグ投手部門です
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 柳(ヤ) すぱっく(巨) 柳(ヤ) ぴっちゃぴちゃ(中) ゆーいち(中)
2位 すぱっく(巨) オインゴ(広) 虹(横) ごいすっす(ヤ) 河原純一(広)
3位 英恵(巨) 柳(ヤ) FIN1(中) poscam3(巨) Maru(巨)

こちらはパリーグ野手部門です
順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 リボンの騎士Ⅴ(ソ) たまさか(オ) たまさか(オ) 二軍選手(西)
2位 レオンⅡ(ソ) リボンの騎士Ⅴ(ソ) リボンの騎士Ⅴ(ソ) 天神要γ(ロ)
3位 狩野英孝(ロ) いわ(日) いわ(日) たまさか(オ)

さてパリーグ投手の方はどうでしょうか
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 2K(日) ランナー(ロ) ポレオン(日) 精密奇怪(西) 涌井(西)
2位 西園美魚(西) 西園美魚(西) タウンゼント(ソ) Robot(楽) 怪傑ギリジン(楽)
3位 ポレオン(日) トロンS(楽) 2K(日) なめこ(オ) 山部太(ロ)

セパ共に激しいタイトル争いが行われています
今年タイトルを手にするのは常連のあの選手か!?あるいは若い新戦力か!
チームの優勝争いと共に個人成績も要チェックや!

さて本日も最後はこのコーナー!今年の新人王は誰だ!
セリーグ野手部門の新人選手たちは実力伯仲!横一線の新人王争いを繰り広げています
そのなかで注目は高卒ルーキーにしては破格の長打技術をもつヤクルトの大堂勝選手
入団してからの動きに2季前を思い出したりしなかったり・・・
さて投手部門では巨人のposcam3選手に注目したいと思います
変化球を持たないがコントロールされた2シームでRPはリーグ3位の10.7
このままの成績を残し巨人が優勝すれば新人王はすぐそこ!?

続いてはパリーグ
野手部門はオリックスのサラサ6th選手
入団1年目の高卒ルーキーは2番DHでチームのつなぎ役を務めます
三振の多さは気になりますが、まだ若いのでこれからの成長に期待がかかるところでしょう
一方投手の注目はロッテの山部太選手
ルーキーながらチームの守護神を任され、ここまで防御率0点台
負けなしの23セーブと絶好調で新人王争いを一歩リードしています

それでは本日はこのへんで失礼します
第82回シーズン2日目終了時点のプロやきうニュースでした!


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -