※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨季MVP執筆できず申し訳ありませんでした・・・。

103期チーム総括、来期への展望

102期を日本一という素晴らしい結果で終えた長嶋広島。
偉大なるノーヒッター、ボインゴ選手の穴は大きいが新加入のtetsu選手を迎え、チーム状態は万全。
と思われたが開幕初日から他チームの猛打に敗戦を重ねてしまう。
チームは波に乗れぬままシーズンは閉幕し、結局4位とBクラスまで沈んでしまった。
オフにはBOMB選手の退団も重なったが、すぐさま野田秀樹選手がチームに加入。
秋山コーチの指導もチームに当てはまり、打撃力のアップにも成功。
準備は整ってきている。残るは勝ちを重ねるだけだ。赤ヘルの誇りにかけ、首位奪還を目指す。

MVP

  • 野手 
Shangrila選手(選出者:sei)
チーム内3冠王を達成し、能力に脂がのった遊撃手。
ベストナインも獲得し球界屈指の強打を持った選手と名を広めたことだろう。
守備率も安定し、バックで投手を盛りたてる姿にもファンは心を打たれた。
来期も中軸で、また投手のすぐ後ろでの攻守の活躍に期待がかかる。

  • 投手 
ジャニ吉選手(選出者:sei)
今シーズンは勝星・勝率とチーム2冠に輝いたジャニ吉選手。
ボインゴ選手の穴は自分が埋めてやると言わんばかりの安定感ある投球を見せてくれた。
来期には西村12世選手が引退を迎えるが、前田健太選手とジャニ吉選手。
次世代を任せられるであろう2人のエースがいる限り、広島の先発陣に隙は無いようだ。


103期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
103年 4位 65 66 4 .496 .275 2.76 3.3 90 25 62 長嶋 山口

103期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
ウラベ DDS .262 141 6 38 51 0 0 .518
BOMB 雷牙 .246 140 6 33 63 0 0 .993
聖・四式 sei .258 155 6 47 48 3 25 .981
ひき ひき .288 167 21 61 43 0 0 .955
Shangrila abba .305 178 24 91 55 0 0 .980
aqua aria .272 159 6 27 39 2 0 .977
落田 落田 .267 135 8 44 40 8 0 .992
しろ 柴犬 .268 139 7 51 68 0 0 .976
DH 高橋 山本 .304 161 6 45 57 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
西村12世 悠登 24 2.10 9 11 0 0.0 180 0/3 180
前田健太 遅球王 24 2.53 10 11 0 0.0 177 2/3 111
オリヴァー オリヴァー 25 3.84 3 15 0 0.0 145 1/3 76
ジャニ吉 yf 23 2.18 11 3 0 0.0 165 0/3 84
Gibson 21 3.97 7 8 0 0.0 122 1/3 75
tetsu miya 18 4.80 2 9 0 0.0 84 1/3 32
霧雨魔理沙 ハムスター 36 1.26 6 0 3 19.4 71 2/3 58
涼宮遙 エロゲオタ 39 2.01 3 2 2 13.3 67 0/3 34
ロールケーク ロールケーク 34 1.42 5 0 0 13.8 69 2/3 28
なみ ヤンマ 26 1.91 5 1 1 8.9 47 0/3 25
佐々岡真司 団子丸 30 3.60 3 4 1 3.9 50 0/3 33
斉藤祐樹 赤神 24 3.91 1 2 19 0.0 25 1/3 14

祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
Shangrila ベストナイン
落田 GG
ウラベ GG
西村12世 GG
なみ GG

入団・退団情報

  • 入団
野田秀樹選手
高橋選手が一塁に入り、空席の指名打者を勤める大卒野手。
バランスの取れた能力で首脳陣の期待は大きい。
実績を積み、広島に野田ありと言われるよう練習を重ねて欲しい。

  • 退団
BOMB選手
打撃能力を生かしきれず首脳陣から解雇通告を言い渡されてしまった。
一旦野球から離れ、選手としての自分を見つめなおすつもりらしい。
広島カープは復帰を楽しみに待っていることも加筆しておく。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -