※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

107期チーム総括、来期への展望

厳しいシーズンだった。
昨季、セ・ペナント奪回を果たした長嶋広島。しかしその差は小さく、今期も苦戦は予想してはいた。
絶対的守護神の国内選手化、守備の要であったウラベ選手の引退・転生も重なり
戦力的にも充実しているとは言いづらい状態でのシーズン開幕。
いやな予想は的中し、先発陣が揃って打ち込まれる展開が多く、首脳陣の頭を悩ませた。
また打線も核であるshangrila選手のスランプにより、得点率は大きく減少してしまった。
終わってみれば中日以外に負け越してしまい、むしろ3位に留まれたのが不思議なほどだろう。
まだまだ今後も若返りが進むだろうが、落ち込む暇は無い。
雪辱を誓い、チームを立て直すことがまず優先されることなのだから。

MVP

  • 野手 
野田秀樹選手(選出者:yf)
今期自身初の3割突破を達成し、頭角を現した野田秀樹選手。
リーグ2位の81打点を記録し、チャンスに強いところを見せ付けた。
得点圏打率こそ高橋選手に譲ったが.333の成績は十分な数字だろう。
まだ若く荒々しさも残るが、逆にそこに魅力を感じるのは自分だけだろうか?
成熟した時のことを考えると目の離せない選手になりそうである。

  • 投手 
涼宮遙選手(選出者:yf)
先発が打ち込まれる中で、淡々と後を引き継ぎ試合を作った涼宮遙選手。
リーグトップの55登板を達成しながら、防御率は1.81と安定した活躍を見せた。
20RP達成に0.2足りなかったのは残念だが、その活躍は誰もが認めるところだろう。
来期には引退を迎えることになりそうだが、投球術に翳りは見えない。
できることなら通算防御率1点台を目指して欲しいところだ。

107期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
107年 3位 64 67 4 .488 .285 3.43 3.7 123 25 80 長嶋 達川

107期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
ゴーストQ DDS .259 127 2 31 28 56 0 .310
高橋 山本 .296 175 20 75 57 0 0 .988
聖・四式 sei .313 173 5 38 53 43 19 .984
野田秀樹 うぃりあむ .313 184 19 81 38 0 0 .948
Shangrila abba .260 151 14 52 67 0 0 .977
しろ 柴犬 .309 171 25 73 76 0 0 .991
落田 落田 .296 146 8 45 46 36 0 .982
ブリアン アイユーブ .233 110 4 29 23 50 6 .953
DH ひき ひき .277 155 15 71 37 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
前田健太 遅球王 24 3.06 8 6 0 0.0 158 2/3 125
オリヴァー オリヴァー 22 2.01 9 5 0 0.0 143 1/3 88
建部 クロ 23 3.30 8 7 0 0.0 147 1/3 91
ジャニ吉 yf 21 4.66 5 6 0 0.0 119 2/3 62
Gibson 21 5.07 4 10 0 0.0 110 0/3 62
西村姉貴 悠登 24 4.90 6 13 0 0.0 134 0/3 62
霧雨魔理沙 ハムスター 49 2.56 5 5 1 14.2 95 0/3 91
涼宮遙 エロゲオタ 55 1.81 7 5 3 19.8 109 1/3 53
なみ ヤンマ 28 3.92 3 1 1 3.9 43 2/3 22
佐々岡真司 団子丸 43 2.51 9 3 1 15.9 86 0/3 36
超人 超人 17 4.94 0 4 1 -2.1 31 0/3 12
斉藤祐樹 国内選手 40 4.17 0 2 33 0.0 41 0/3 20

祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル


入団・退団情報

  • 入団


  • 退団


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -