※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西武ライオンズ43年度


チーム成績



日本一 88勝42敗5分


チーム打率 .287
チーム本塁打 91本
チーム総得点 529点
チーム総失策 55
チーム防御率 2.48
チーム総失点 373点

総評

  • 総合
 今期は中盤から抜け出し、3年ぶりにペナントを奪回した。しかしマイナス貢献に終わった選手もおり、投打がかみ合ったというよりは、ライバルであるロッテが自滅して沈んだ印象である。来期はこのようにすんなりと逃げ切ることはできないだろう、気を引き締めて連覇に臨みたい。
  • {野手

  • 投手

個人成績


野手

選手名 製作者 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率 獲得タイトル
大沢舞子 スターダスト 捕手 .299 7 45 0 .000
タヴァーノ セルヒオ 一塁手 .265 32 93 0 .988 AS・打点王
チャコ th 二塁手 .256 8 60 0 .989 MVP・B9
clutchzilla toshi 三塁手 .306 12 55 0 .971 AS・B9・GG
異人さん 南蛮人 遊撃手 .280 7 41 0 .998 AS・B9・GG
マッコウ ヲボエ 左翼手 .280 11 61 15 .980 盗塁王
ワータル ワータル 中堅手 .255 7 46 0 .987
サラサ3rd あるみ 右翼手 .330 1 52 0 .987 AS・首位打者・最多安打
リオン ペガサス DH .301 6 49 0 - B9

野手寸評

守備 選手名 コメント
捕手 大沢舞子 併殺数が響いてるとはいえ、この成績でマイナスはきつい。高齢選手がぶちあたる壁か
一塁手 タヴァーノ 打点王を久々に奪回。スカルとのデッドヒートを制す、本塁打はあと一息だった
二塁手 チャコ 正直MVPは意外であった。勝負強さを発揮してB9も受賞する
三塁手 clutchzilla 三割の打率で繋ぐバッティング。B9はもうすぐ大台に
遊撃手 異人さん 歴代1位の12度目のGGを更新。能力は落ちたが、今期は打撃でも貢献した
左翼手 マッコウ タイトルと呼ぶには少ない数字ではあるが盗塁王を獲得。打点もチーム二位と奮闘
中堅手 ワータル 守備は問題なし、打撃はもう一息か。うまく出塁して凡退を防ぎたい
右翼手 サラサ3rd 首位打者・最多安打で一番打者として最高の成績を残す
DH リオン 打率は3割に。今期も投高打低なので、これだけ打てれば問題ないだろう

投手

選手名 製作者 役割 防御率 勝利 敗戦 セーブ RP 投球回 奪三振 獲得タイトル
青木 青木 先発 2.13 12 4 0 0 171 0/3 56
パステル あゆむ 先発 2.21 12 4 0 0 171 0/3 70
エムアイブラン kazu 先発 3.19 7 9 0 0 144 0/3 73
永須 オースティン 先発 2.26 9 3 0 0 115 1/3 48
神北小毬 Key 先発 3.23 12 6 0 0 150 2/3 54
山田秦二 shin 先発 1.70 15 4 0 0 190 1/3 76 AS
高木 涌井 中継 3.17 6 2 1 8.8 48 1/3 28
Kagetora Cashman 中継 2.41 6 2 0 11.1 67 1/3 40 GG
チェルシー takesi 中継 2.57 5 3 3 16.3 70 0/3 42 最優秀中継
みさきんぐ みさきんぐ 中継 5.29 3 1 1 3.5 34 0/3 17
mizkann みつくち 中継 2.35 4 1 2 11.4 53 2/3 30
ゆう 抑え 0.52 0 1 34 0 34 2/3 20 AS・MVP・最優秀救援・B9・GG


投手寸評  

役割 選手名 コメント
先発 青木 今期も二桁勝利、安定した投球を見せる。この調子をキープして欲しい
先発 パステル 12勝4敗と大きく躍進。辛抱強く投げ続けた結果が実った
先発 エムアイブラン 今期はもう一息の成績か。本来の実力はこんなものではないはず
先発 永須 成績そのものは不満のない内容。回復力を上げれば更に勝ち星を増やせるか?
先発 神北小毬 勝ち星こそ12勝と大きく上げたが、防御率は誉めらない。野手に助けられた格好である
先発 山田秦二 これだけの成績でタイトルを逃すのは不運とも言える。小倉恒を越えることはできるか
中継 高木 6勝を挙げたが、中継ぎとしてはもう少しといったところか
中継 Kagetora 前年度はさすがに出来すぎで反動が心配されたが、問題なくリリーフを勤めきった
中継 チェルシー 初タイトルを奪取。安定感抜群の投球
中継 みさきんぐ 勝敗数はまずますであるが、今期は不本意な成績に終わったと思われる。巻き返しに期待したい
中継 みつくち 中継ぎの両輪に隠れて目立つことはなかったが、要所を確実に押さえる安定した投球を見せた
抑え 凛奈 取れるタイトルは全て取った感。ほぼ完璧な成績で文句なしの受賞だろう


対戦成績


ロッテ 1113 敗 3分
日本ハム 197 敗 1分
ソフトバンク 179 敗 1分
オリックス 198 敗 0分
楽天 225 敗 0分