※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

113期チーム総括、来期への展望

3連覇を成し遂げるも更なる高みを目指し、監督に若松を迎えシーズン開幕を迎えた113期。
高畠コーチの教えは浸透し始め、チーム全体の打力UPにも成功した。
蓋を開ければすでにお馴染みとなった強力打線が火を噴き、チーム得点率3.5を記録。
投手陣も大量援護を受けながら豪華リレーを繋ぎ、きっちりと役割を果たす。
投打の噛み合う総合力の高さを見せつけ、セ・リーグ4連覇を達成した。
日本シリーズには残念ながら敗れてしまったものの、むしろ来期のリベンジを楽しみにできるポジティブさが今の広島にはある。
野手陣の若返りが進むが、円熟味を増してきた投手陣を軸に5連覇を目指したいところだ。

MVP

  • 野手 
疋選手(選出者:sei)
二塁コンバートの期待に応え、好成績をマーク。
2番打者として、制約が大きいなか.287、8本塁打は見事の一言。
シーズン序盤は3割をキープしていただけに、来期は3割の壁に挑戦してもらいたい。


  • 投手 
なみ選手(選出者:sei)
中継ぎ3本柱の1人として、チームのブルペンを支えてくれた。
ノビのある4シームを武器に、高い奪三振率をキープし、何度もピンチの芽を摘み取っていった。
堅守と速球を武器に、来期も安定感ある投球を期待したい。


113期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
113年 優勝 77 51 7 .601 .277 2.14 3.5 116 23 56 若松 高畠

113期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
ゴーストQ DDS .278 152 11 49 44 1 0 .420
高橋 山本 .299 164 22 69 64 0 0 .994
hiki .287 168 8 42 54 0 0 .975
ブリアン アイユーブ .214 101 8 34 13 58 23 .970
Shangrila abba .303 170 13 54 66 0 0 .993
はな 政宗 .283 165 7 59 14 0 0 .978
落田 落田 .277 166 12 37 63 0 0 .989
聖・伍式 sei .280 151 17 54 35 0 0 .982
DH 野田秀樹 うぃりあむ .266 139 18 66 49 0 0 -


登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
前田健太 遅球王 24 2.08 13 6 0 0.0 172 2/3 146
建部 クロ 24 2.07 9 6 0 0.0 174 0/3 132
ジャニ吉 yf 24 1.79 9 6 0 0.0 171 1/3 72
西村姉貴 悠登 22 2.26 10 8 0 0.0 155 1/3 114
超人 超人 19 2.85 4 12 0 0 123 0/3 41
嘘だといってよ バーニィー 22 2.40 12 4 0 0.0 150 0/3 67
なみ ヤンマ 28 1.12 2 0 1 10.9 48 1/3 43
佐々岡真司 団子丸 30 2.01 7 1 1 12.7 58 1/3 30
京極 京極堂 31 0.91 4 0 0 13.7 59 1/3 26
射命丸文 ハムスター 28 3.06 6 5 0 8.3 50 0/3 26
ティアナ マークX 16 1.45 1 1 0 4.7 37 1/3 14
御剣冥夜 エロゲオタ 33 3.38 0 2 28 0.0 34 2/3 12


祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
ゴーストQ B9
高橋 GG
Shangrila 最高出塁率
聖・四式 野手新人王・B9
はな B9
京極 B9
なみ GG
御剣冥夜 GG




入団・退団情報

  • 入団
Pochi選手
首脳陣が大きく期待する大型ルーキー。
高卒でありながら遊撃を任せられる辺り、期待の現われと言えよう。
将来の赤ヘルを担う選手となるに違いない。

矢部選手
まとまった能力が武器のオールラウンダー。
どんなタイプにでも成長できるだけに今後の成長に期待が持てる。
同期入団のPochi選手と切磋琢磨して
実力を磨いてもらいたい。

  • 退団
Shangrila選手
孤高の天才と称された希代のSS、Shangrila選手。
広島初の野手殿堂入りを果たした。ちなみに遊撃の殿堂入りも初らしい。
その活躍は長く歴史に語り継がれることだろう。

落田選手
主に中堅手として歴代8位となる593FPを記録。
入団時は送球の不安定さを見せていたにも関わらず
ここまでの記録を残せたのは、彼自身の努力の賜物だろう。
打撃でもチャンスに強い巧打者として存在感を見せ、
攻守に活躍する名選手であったと言えよう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -