※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤクルトスワローズ114年度出場登録野手

選手名
(製作者)
紹介 性格 得意コース
鉄6世
(GUN)
【扇の要】
ヤクルトの名捕手が生まれ変わった
待望の守備コーチ招聘により能力大幅アップ間違いなし
希少 外角低め
林威助
(egs)
【助っ人台湾人】
長打力が自慢のアスリート。昨期は
初の打撃タイトルとなる本塁打王。ヤクルトの不動の4番
温和 内角高め
炭酸ガス
(糸音)
【攻守万能型】
卓越した捕球技術に目がいくが
その打撃能力をなめてると痛い目にあう
温和 内角低め
めりーん
(mee)
【巨漢のスラッガー】
ツバメのホットコーナー
昨期は3割で打点王と非常に頼れるクリーンアップの一角
温和 外角高め
メローニ
(niji)
【華麗な守備】
捕球技術は神の域。
打撃でも未だ-貢献を記録しない安定感。
職人 内角高め
ドラざえもん
(青狸)
【カメラアイ】
ヤクルトの不動の一番。2年連続の最多安打を獲得
首脳陣の査定も厳しくなっているが頑張っていきたい
熱血 外角低め
飯田哲也
(むんむー)
【華麗な守備2】
守備はもはや球界トップレベル
野手MVPの獲得で球界No.1センターの座の手に入れた
冷静 内角高め
オペラハウス
(ハウスエンド)
【未来の4番】
一本足打法で本塁打を量産する大味な選手
巧打力不足を余りある長打技術で補っていく
熱血 外角高め
おがた
(レッドウェーブ)
DH 【-】
小さな体に優れた打撃技術の片鱗が見える
荒川コーチの下で、長打技術に磨きを掛けた
冷静 内角高め


ヤクルトスワローズ114年度登録投手

選手名
(製作者)
紹介 性格 得意コース
ハッカミー
(くら)
【ノーヒッター】
スピード、球威ともに十分すぎるほどのストレートが魅力
6年目ながらNNを達成したこの投手はどこまで進化するのか?
温和 外角低め
アナリスク9
(なめクオリティ)
【ツバメエース】
マサカリ投法からの多彩な変化球が持ち味のツバメのエース
ヤクルトの優勝には彼の活躍はもはや前提
熱血 外角高め
風の子
(明日は給料日)
【精密機械】
昨期は防御率1点台と大ブレイク
四死球が少なく大崩れしないピッチングが持ち味
熱血 内角高め
チャンピオン
(頌栄)
【ビッグキャノン】
ジャーシー投手の血が流れる大物投手
悪得能との戦いからも解放され、真価を発揮する時
希少 外角高め
恵比寿
(エビス)
【2シーマー】
150kmを超える速球とパームのコンビネーションが魅力
開幕当初からの不振から脱却、安定して結果を出している
温和 内角低め
いや、俺やから
(代打俺っぽい)
【負け運上書き涙目右腕】
先発転向から数期、いまではローテの柱と呼べるほど成長
サブマリン投法から繰り出されるスローカーブの軌道はもはや芸術の域
熱血 内角高め
リo´ゥ`リ
(小春)
【驚異のサブマリン】
アンダースローながら160kmを超えるストレートが武器
回復力も身に付けいまやヤクルトの中継ぎエース
冷静 内角高め
緋川
(ハイドラ)
【-】
今期ドラフト入団の高卒ルーキー
まだまだ足りない能力も多いがじっくり育てていきたい
希少 外角低め

(mick)
【-】
キレの鋭い変化球が武器の若手
称号が未来の主力のままだが何か意図があるのだろうか?
熱血 外角高め
前田慶次
(みよりん)
【-】
あのみよりん氏がヤクルトに帰ってきた
ロングリリーフにも耐えられるスタミナが魅力
温和 内角低め
大輝
(大輝)
【-】
中継ぎ不足のヤクルトにやってきた助っ人外国人
アンダースローからの2シームボールには一見の価値有り
職人 内角低め
真崎
(真崎)
【-】
ストレート球速は無いがその球の重さ(回転数?)は見もの
回復不安も克服されつつある。
熱血 外角高め

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -