※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第118回


みなさん、どーも。
"勝手にデータ集第117.5回が本格的過ぎワロタ"、略して"勝手にデータ集"。
それはあんたのレベルが低すぎるだけだろという声はスルーしてさっそく行ってみましょう。

今回のテーマ

L.R.スイッチヒッターは最強なのか?~最速非鬼畜両打ち野手・R(ランキング)~


題字がどこかで見たことあるとか気のせいです。あるいは偶然です。
さてさて、右投手にも左投手にも対等の力で戦えるというスイッチヒッター。
現実世界ではついこの前に両投げ投手対両打ち打者が対戦して話題にもなりました。
しかし、左投手にも右投手にも同じような成績を残す打者というのは意外と少ないという声も聞きます。
では鯖ペナには、そんな右でも左でもお構い無しに打てる両打ちは果たしているのでしょうか?
今回はそんな両打ち打者について集計してみる事にします。

名前 球団 打率 対右打率 対左打率
マルワン ソフトバンク .303 .351 .252
マルチネス 楽天 .278 .347 .237
たかっち 阪神 .278 .320 .203
レミレア.S ロッテ .278 .313 .240
ごごごいす 中日 .242 .231 .259
Pochi 広島 .241 .275 .196

まず、全体的に目に付いたのが対右打率。
打数が少ない初日なのでなんとも言えませんが、ほとんどの選手が3割超えとカモにしています。
そしてそれて相反するように対左打率が落ちています。これは左投手にいいピッチャーが揃っているからなのでしょうか?

また、もう一つ気になったのが、比較的下位打線の選手も多いという事。
まだ若手だから、という理由も確かにありますが、両打ちで俊足の野手が少ない点が個人的にはさびしいです。
そんなわけで今期ここまで9盗塁のPochi選手や、3盗塁のマルチネス選手には期待が持てます。

もちろんパリーグの二人の主砲も忘れてはいけません。
ソフトバンクのマルワン選手はなんとここまで得点圏打率が脅威の.480!もちろんリーグトップの数字です。
またロッテの四番、レミリア.S選手はチームトップの23四球で、出塁率.364もチームトップ。
ただ、チームは最下位に低迷。本人も解雇の噂がされており、背水の陣で頑張ってほしいところです。

いかがでしたでしょうか?
集計していて気づいたのですが、何かと左打者が多いですね・・・。
一番から四番まで左打者、なんて球団もありました。
そんな中、わずか六名である両打ちの選手達には是非とも球団、リーグを代表するような選手に成長する事を祈りましょう。
それでは次回、第119期初日前試合終了後にお会いしましょう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -