※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天119季総括



119季選手紹介



119季成績情報

  • チーム成績
年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督/カリスマ コーチ
119年 4位/(1位) 62 70 3 6 .469 134 1 10 三原/85 今中

  • チーム詳細
打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.267 2.99 1316 114 2 63 420 3.1 459 3.4 -39 400 59 0.47

  • 個人成績


祝!個人タイトル受賞者

選手名 製作者 タイトル コメント
轟雷市 A 新人 B9①
憲史 ネギ B9③
リーフ ミュー AS⑤
伸☆戦国大名 戦国大名 B9②

119季を終えて

 初日・2日目を終えて2位。前期優勝だっただけに2連覇も不可能ではないと書いたが、荒らしの理不尽な妨害もあったことも多少は響いた。いや、なくてもやはり名無しに頼ったチームが優勝するのには一枚駒が不足していたのだろう。最終日は赤字調整に入ったため負け越した。が、十分に闘える戦力は整いつつある。来季は更なる飛躍を目指していきたい。
 さて、打撃陣だが、荒らし登録や新規登録があったことを考えれば、ほぼ現状維持という結果だろう。本塁打・打率共に微減であることは織り込み済みで、得点力も変わっていない。唯一エラーが増加したことが、チームの勝敗に響いた点があるのではなかろうか。今後のコーチ雇用にも一考を要するかもしれない。
 投手陣は昨年が上ムラだったのか、今季が下ムラなのか気になるが、防御率が低下した。エラーの出塁でもランナーが居ることで、失点が増えているのならやはりピンチやセットの対策を多少獲らねばならないだろう。今後は2枚看板の引退が近づいてきており、ますます捕手のリードの成長におうところもあるし、今季から採用した今中コーチの活用で効果が出ることを期待している。
 来季はAクラス復帰、そしてリーグ優勝を再び獲るために奮起をしたい。

TOPICS

  • 野手 憲史選手/製作者:ネギ
 大砲目指して育成を重ねてきた選手だが、打率.301、本塁打21本と今季はようやく成績を残すコツをつかめてきたか。
 首位打者としての実績もあるが、ここのところ低迷していた。数年間.270前後であった打率を3割台に乗せ、本塁打も20本を越えたことで、チームのクリーンナップとして定着させられる目処がついた。
 死角はほとんどない。あえて言うなら選球眼だが克服も時間の問題で、あとは意識の調整でタイトル奪取を目指すだけといえる。3割30本にも期待したい。

  • 投手 小山伸一郎投手/製作者:mizkan
 32試合に登板して防御率2.15、被打率.243は今季チーム最高の記録。4勝(2敗)以上の仕事をしたといってもいいRPも11.1で十分に中継としての起用に応えた。
 課題はやはり速球の一本調子が故の被弾数の多さだろうか。まだまだ若手の投手でもあり修正しながら育成する手腕は確かなもの。今後も期待に応えてくれるだろう。


編集後記

 4.0テストの登場で俄然騒がしくなってきました。時間の関係で参加できなかったので、管理人さんと参加者の皆さんには、いろいろな検証やバグつぶしなど大変だとは思いますがぜひ頑張って欲しいですね。
 4.0が正式に始まれば当然、3.5も少しずつ寂しくなっていきますが、それまでは優勝目指して頑張っていきましょう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -