※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第122回


みなさん、どーも。
"D選手のDはでんでん虫のD"、略して"勝手にデータ集"。
それじゃ遅いじゃねぇかという声はスルーしてさっそく行ってみましょう。

今回のテーマ

ガソリンたん(ク)頑張れ~登板数ランキング~


この暑い時期にとてもいい豆板醤、じゃなくて中継ぎ投手は何かと登板数が多くなるもの。
そこで今回は大切に酷使されてる投手を、なんだか変な日本語だなあと思いながらベスト5でまとめてみました。

名前 球団 登板数
高井雄平 横浜 21
鶴岡武彦 横浜 19
レイチェル 西武 19
シルバーアーク 日本ハム 19
セリウム 日本ハム 18
スノーⅡ 日本ハム 18

セリーグ六位の横浜から二名、パリーグ五位の日本ハムから三名というのがまず目立ちます。
これは先発陣があまりにもふがいない+スタミナ不足というのが影響しているのでしょう。

そんな中、西武の抑えのレイチェル選手がランクイン。これは西武の勝ち試合が非常に多く、登板機会が多くなったからでしょう。
セーブ数も堂々の15セーブでリーグトップ。まさに破竹の勢いです。

ちなみに現役通算登板数トップは阪神のスレイバーFX選手。現在818試合で11位タイです。衰えはありますが、それでもなお15試合登板で防御率1.11と抜群の成績を残しております。

最後に一つ。
では歴代通算登板数トップは誰かというと、元巨人の虚弱体質選手。名前とは裏腹に998試合に登板しております。
……ここである事に気づきませんか?100期以上行われている鯖ペナで、未だに通算1000試合に登板した選手はいないのです。
実に25年間もユニフォームを着続けた彼でもクリアできなかった数字。数だけならば二位のてst選手が23年で994試合に登板していますが、やはり1000試合には届いていません。
それは20年活躍した選手ならばシーズン平均50試合に登板しないと到達できないというかなりハイレベルな成績。果たしてこの先この1000という数字を超える選手は現れるのか―――

いかがでしたでしょうか?
多く投げれば投げるほど、疲労が蓄積します。
その疲労をうまく調整できるかが、采配者の腕の見せ所です。
それではまた次回、第123期全試合終了後にお会いしましょう。


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -