※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM天子軍



第27回大会より突如参戦。
東プロの経営決定権を持ち改革案とした東プロ乗っ取りを狙うGM比那名居天子が率いる悪の軍団。
公式表記上はGM軍あるいは天子軍。

メンバーは
  1. 比那名居天子(東プロゼネラルマネージャー)
  2. 因幡てゐ(参謀。永遠亭より移籍)
  3. 蓬莱山輝夜(参謀。永遠亭より移籍)
  4. 上白沢慧音(ボディガード)
  5. 藤原妹紅(ボディガード)
  6. リリカ・プリズムリバー(てゐの相棒。虹川楽団より移籍)
  7. 永江衣玖(お茶組・小間使い・雑用係)
また、専属レフェリーとしてパチュリー・ノーレッジがいる。

GM天子の有り余る資金力を利用し、
様々な選手を傀儡として東プロを奪おうとしている軍団で
東プロを愛する選手・ファン双方から『絶対的な敵』として認識されている。

その傍若無人・自己中心的なGM天子を支えてしまっているのが
権力に見入られ移籍した元永遠亭輝夜てゐ
買収されボディガードとなったもこけーね妹紅慧音である。

今後も自分に従うものへは東プロでの優先的出場権を与えるなどして選手を唆しており、
その行く末次第では本当に東プロが奪われてしまう恐れもある。

その登場の経緯より、ほぼ全ての組織・軍団から敵視されていたが
博麗神社のリーダーにして東プロのエースオブエースと呼ばれた霊夢を、度重なる
買収作戦により取り込むことに成功。業務提携契約により支援組織が出来てしまった。

+拡大する悪のGM軍 第32回大会~

拡大する悪のGM軍 第32回大会~

第32回大会で博麗神社霊夢が完全移籍。旗揚げから東プロを牽引してきた博麗神社軍団は、
これにより消滅し、かつてのエースオブエースも、GM軍の忠実な一員となってしまった。
また、この造反劇は、霊夢が持っていたLTWベルトをGM軍に売り渡すことにもなり、
もこけーねの二人の再戴冠という結果になる、
その結果

GM軍代表

  • 比那名居天子(東プロゼネラルマネージャー。資金はあるがレスラーの実力はほぼ皆無)

GM軍専属レフェリー

GM軍一軍

  1. 博麗霊夢(博麗神社売却。東方プロレス屈指の実力者。元LSW王者、前LTW王者、元LTU暫定王者)
  2. 上白沢慧音(上白沢塾の補強と拡大を条件にGM軍に移籍。現LTW王者。なお、レフェリー資格も持っている)
  3. 藤原妹紅(慧音の相棒。GM天子のボディガード。現LTW王者)

GM軍二軍

  1. 因幡てゐ(実質、GM軍を裏で動かすブレインである)
  2. 蓬莱山輝夜(8人タッグ戦では輝夜がメンバーに挙げられるところから、一軍という説もある)
  3. リリカ・プリズムリバー(てゐの相棒。元LU3W王者)
  4. 永江衣玖(お茶組・小間使い・雑用係)

という東プロ内でも質でも頭数でも単独の軍団としては最大勢力と化してしまった。

なお、一軍メンバーである事が軍団内の地位に繋がるかといえば決してそんな事はなく、
戦力的には二軍であるてゐが歴代タイトルホルダーを言いなりにする光景が当たり前のように見られており、
戦闘員と参謀の分業が確立した軍団であるという事も出来る。

また第33回大会より軍団抗争に敗れた相手はGM天子の尻に敷かれて3カウントを取られれば
GMに忠誠を誓ったとし一切の団体内発言権・活動権を没収されるという
俗称{天子のケ○に敷かれる会が発足され
被害者第一号として試合と関係ないはずの衣玖が屈辱の3カウントを味わう事となった。

この暴虐な振る舞いに、ついに様々な軍団・派閥が激怒。
自身の戦いの場とプライドを守るため全方位戦争が始まる事となった。
ただ、これは言い換えれば、これまで中立の立場を取っていた軍団、特に東プロの中心的立場である
現場監督の幽々子を戦いの場に引きずり出したとも言え、それを狙いとしていた
GM軍の思惑通りに事が運んでいるのではないかという説も根強かった。
その説がある程度正鵠を射ていたことは、第34回大会で明らかにされ、
現場監督の一角にして幻想郷最強のスキマ妖怪であるを陥れ、現場監督の地位と発言権を奪い取る
ことに成功。
しかし、どう見ても正々堂々と言えない手段で行ったことは、当然ながら包囲網が狭まることを
意味しており、現にこのGM軍のやり方に対して、これまでバラバラだった対抗勢力を束ねる形で
四軍連合が結成され、全面戦争が勃発した。
(詳細は『SEVENSシリーズ』参照)
この戦いで、よもやの敗北を喫したGM軍であるが、そもそも軍師てゐの策略により、
負けても何も失わない戦いだったため、この敗北も(少なくとも表面上は)歯牙にもかけぬ勢いであり、
その翌大会では最強タッグもこけーねがあっさりとゆうさなを退けており、
GM軍の横暴を押さえることは、現状では至難とも言えるのではないか、という諦めすら、
ファンの間には漂う有様となっていた。
+亀裂?それとも…

亀裂? それとも…

第34回大会の試合後、いつものように衣玖をパシらせようとした輝夜と、
それを止めようとする慧音の間で小競り合いが発生。
翌35回大会ではよりによってこの2人がタッグで出場するが、当然のように連携がうまくいかずに敗北。
決着後、輝夜慧音を罵る姿が見られる。
さらに第36回大会では、もこけーねの勝利後に、輝夜が乱入し、敗北したゆうさな
肉座布団にしようとしたが、慧音がそれを拒否し、乱入した輝夜が赤恥をかかされるという
一幕が展開された。
2度ならず3度までも、ファンの見ている前で喧嘩を繰り返しているところから、
もこけーねGM軍から離反するフラグか? とかつての最強タッグが高潔さを取り戻すことを
期待するファンがいる一方で、これまでもさんざん期待を弄ばれたファンからは、これもてゐ
仕込みだろう、と嘆息する者もおり、見方は真っ二つに分かれている状況である。

そして、第37回大会でついには輝夜の暴言が妹紅とトラブルを生み、
GM天子がいさめることとなった。
さらに続く第38回大会では再び輝夜慧音の説教に逆ギレし、さしもの天子
さじを投げるかのような言動を見せる。
これだけの長い間、明らかにもこけーね輝夜との間に確執があるとしか思えない空気が醸し出されており、
これが演出なのか、それとも本気なのか、今度の動向に注目が集まっている。特にもこけーねLTW戦を
控えており、その結果如何によってはGM軍の内部にも大きな波が起こることは必至と考えられていた。

+最新情報
いくつもの伏線を経た上でのLTW戦は、第39回興行にて行われた。結果から言えば、もこけーね
王座から陥落し、本部軍あやこまにベルトが渡ることとなる。
これに対し、専属レフェリーのパチェが何とか阻止しようと画策するも、慧音がそれを制する。
しかし、その際のパチェの言動に加え、これまでの経緯も併せ、もう我慢できないとして慧音はGM軍からの
離脱を宣言。さらに、一時はGM軍残留を匂わせた妹紅も、結局慧音と行動を共にするとし、
GM軍は一軍の中核たるもこけーねを一気に失うこととなり、表面的には大きく戦力ダウンとなった。
しかしながら、この展開は既に織り込み済みと、未だに残りのメンバーは意気軒昂であり、
また、元々GM軍の本当の強みはGM天子の資金力と軍師てゐの戦略であることを考えると、
これでGM軍が弱体化した、と一概に言うことも出来ないと思われる。
また、かつて霊夢がそうなったように、今現在活躍中の選手、そしてまだ見ぬ強者をGM軍に取り込むことを
画策しているのだ、という噂もあり、今後とも目を離せないところである。

タイトル歴

LTW王座


※保有時点で確実に軍団に所属していたことが確認できる選手に限って記述。

東方プロレス ファンBBSスレッド

(現行スレ)
Part2 【あいしてる】 GM軍ファンの集い その2
(過去スレ/過去ログ化済)
Part1 【アンチ出入禁止】 GM軍ファンの集い
(関連スレ)
虹川スレ 【鬱躁】騒霊楽団応援劇場・初回公演【幻騙】
※リリカ、てゐのGM軍U3級メンバーの話題も含むスレッド