※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第29回大会詳報



前大会にU3Tの初代王者決定トーナメントも決着がつき
勢いに乗るU3級とは対照的にGM軍と団体との経営権争いが
日々水面下での探りあいが行われているかのような嫌な空模様の中だったが
それを一掃してやると言わんばかりの多くのファンが会場に集結した。

発表された試合は全6つ。
所々不可解なカードはあるもののやはり前大会から当日まで
ファンの間では二つのメインイベントに早くから注目が集まった。

その中の第1試合オープニングマッチはU3級8人タッグ。
チルノ軍中心のバカルテット虹川楽団+秋姉妹の一戦。
オープニングに相応しい賑やかな一戦はルナサリグルからピンを取る。
試合後秋姉妹がタイトル挑戦をにおわせ、U3級戦線異常なし
GM天子の横暴には負けないという強い姿勢が伺えた。

第2試合は本部長指定試合。
本部軍,小町実況組紅魔館の最強姉妹レミリア&フランとの一戦を迎えた。
実況組への制裁試合かと思われた内容、そしてかのLTW王者陥落、そして紅魔館分裂を引き起こした
あの日以来初めてタッグを組むレミリアフランにファンは盛り上がったが、
試合は、随所で息の合ったコンビネーションを見せる姉妹に対し、実況組も健闘はするが、
流石にタッグとしての連携差で勝ち星を上げることはできず、最後は姉妹の美しいジャーマンスープレックスの競演の後、
フランにレーヴァテインで止めを刺し、最強姉妹の完全復活をファンの前で
高らかに宣言することになった。
試合後レミリアが、事前に接触してきていたGM天子への返答代わりとして、
フランをGM控え室に『遊びに』行かせるが、フランは僅か15秒で戻ってきて、
すぐに壊れちゃったと発言。
こうして紅魔館も態度を鮮明にし、反GM軍に新しい勢力が加わった。

第3試合はGM軍二軍対フルメンバーの守矢神社による6人タッグマッチ。
この試合完全にGM軍の良心衣玖が力差から捕まってしまい
そのまま敗北。デビューから三連敗となってしまった。
一方のてゐ,リリカは全く悪びれる様子もなく凶器攻撃をしろと発言。
会場中からブーイングを浴びながら、リングを降りた。

第4試合霊夢,アリス魔理沙,M.D
博麗神社O.D.Sというだけでなく
霊夢,アリス,魔理沙がお互いに対してそれぞれ遺恨がある状態で
それがどう試合に影響するかが焦点となった。
試合はやはり封殺以降精彩を著しく欠いている霊夢
魔理沙はおろかM.Dにまでも捕まり、そのまま試合ごと持っていかれてしまう。
試合後またしても無様な姿を晒す霊夢に激昂し本音を語り出す魔理沙
今までの東プロの歴史からしても異様なその光景にファンは言葉を失った。

第5試合は次期LSW挑戦者決定戦。
メインイベント級のファンからの興奮が選手入場前から会場を揺るがす。
八雲家白玉楼幽々子
双方ともが静かに東プロと共にあり続けた現場監督として様々な試合に登場したが
ついにメインタイトルを掴む為に動き出し『東プロ怪獣大決戦』が展開された。
試合内容はまさに総力戦で早い時間帯から双方大技を連発。
ベルトへの執念が僅かながら上回った幽々子が勝利を掴み

次回LSWタイトルマッチ 王者レミリア 対挑戦者幽々子戦が決定。


第6試合メインイベントLTUタイトルマッチ。
ついに団体至高のベルトにまでその手を伸ばし出したGM軍
O.D.Sが守り抜けるのか、ヒール対ヒールという構図を忘れたかの様に
観客は前試合からの興奮のまま、試合開始のゴングを待った。
この試合が二試合連続の総力戦となり、双方が死闘を演じる。
中でも前半戦で致命的なダメージを受けた幽香をサポートすべく長時間にわたってGM軍の総攻撃を凌いだ永琳の姿は、
ファンに『蓬莱の殺人医師』が健在である事を知らしめた。
試合を決めたのは幽香、フィニッシャーとしての永琳からの信頼に応えるべく
自らの最大最強の技VFTで慧音を仕留め、LTUの壁、O.D.Sの壁が
生半可な意思や技では打ち崩せない事をその身に刻み込んだ。
しかし試合終了のゴングの後、レフェリーのパチュリーが宣言した内容は
『VFTの危険技認定による反則裁定。王座陥落』の言葉。
これに大試合を観戦した喜びに湧いたファンの歓声が一気に殺意めいたブーイングに変わる。
これまでにもない怒りを露にするO.D.S組だが同時に
これまでにもない疲労とダメージで立ち上がることができない。
そんな中『恋色マスタースパーク』と共に突如リングインしたのは魔理沙
即座にパチュリーを背後からドラゴンの形でホールドすると訂正を要求。
パチュリーはそのまま気絶してしまう。
しかし続いてリングインしたのは権力者GM天子
そのまま公式記録になってしまうかと思われた瞬間。
今度は『信仰は儚き人間の為に』の音と共に早苗GM天子へ早苗ボトム。
自らも掴み、守っていたLTUがこの形で汚される事に猛反発。
境遇や因縁を超えた態度を示した。
その後で、背後でまだ立ち上がれないO.D.Sに向き返りLTU奪取を宣言。
ついに早苗が団体の次世代エースとしてその存在を確立した瞬間であった。

第29回興行はその後O.D.S組が締め、
マットを這い降りるGM天子に対して物が投げ込まれる
ハッピーエンド(O.D.Sが言うところのバッドエンド)で無事終了した。
しかし、恥をかかされっぱなしのGM軍がこのまま大人しくしているとも思われず、
次回大会に波乱を予感するファンも少なからずいた。

2008年8月3日

次興行『第30回大会詳報へ