※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

引退<プロレス用語>


現役を退くこと。身を引くこと。

というのが本来の意味だが

プロレス業界的には大した意味はない。


そもそも『刀折れ矢尽き、気が萎える日までは闘い続ける』という
誇り高き戦士としての魂が宿るプロレスラーにとって
自らの言葉で引退を宣言する事は精神的苦痛に他ならない。
同時に他者の手による引導もまた然り。

耽々として秋を待ち、しばらくの潜伏と自己鍛錬の期間を経て
突如復活を果たし再び最前線に身を置くことも度々ある。そのため

『プロレスラーの引退はあてにならない(良い未来的な意味で』

といわれる。

東プロでは今日までリング上で引退表明をした選手は魂魄妖夢のみ。
ところが一般的なプロレスラーの引退とは異なり
解説や別分野での露出が全く無い為本気で自刃したのではないか、との見方もあり巷では噂になっている。

だが前述のようにプロレスラーの引退はあてにならない。
彼女も鍛錬を積み復活の日を目論んでいるのでないかという声も…

M.D?あれは別人でしょ?


結局、妖夢もまた引退を撤回してマットに帰還したものの、一度引退しておいてのこのこ戻ってくるのを未練と感じたか、
それとも復帰に当たってM.Dに変装した(第32回大会詳報を参照のこと)のが気に入ったのかは分からないが、
以前の主であった西行寺幽々子の元に戻るまで、さらに紆余曲折を経ることになったのは周知のとおりである。

余談だが、病弱として名高かったパチュリーさんも
東プロ旗揚げ前は何とか練習をし紅魔館の一員としてレスラー出場する予定であったそうだが
身内スパーリングでレミリア&フラン姉妹の強烈な技の前に魔法書のページ数程度の気絶を連発、
無駄に頑丈になって失神できなかった時に引退を決意したらしい。
そのためレフェリー転籍を行い、今日までの東プロの中で唯一の専業者となっている。
以降割と動きが活発になったパチェさんのレフェリングを楽しむ事が出来たが
無駄に頑丈になった分間違った方向に特化してしまい、はずみで悪徳レフェリーへの道を邁進してしまう。
元気があれば何でもできる、とはよく言ったものである。