※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

619<技名>


相手をリング外に向けた状態でセカンドロープにもたれかけさせ、
その後助走を付けトップロープとセカンドロープの間を旋回、
振り子の要領で相手の顔面を蹴り飛ばす。
大抵は助走時に反対側のロープへ走りリングを往復疾走してから放つため見栄えが良く、
会場が大きく沸き上がる派手なムーブとなる。

WWE所属、レイ・ミステリオのフェイバリット・ムーブで、
619後はエプロンサイドからの飛びつきミステリオ・ラナ
(ウェストコーストポップ=ウルトラ・ウラカン・ラナ)へ繋ぐことが多い。
技名の由来はレイ・ミステリオが住むアメリカ・サンディエゴの市外局番から。

東プロでは十六夜咲夜が「398(さくや)」、因幡てゐが「178(いなば)」、
射命丸文が「109(てんぐ)」、八雲紫が「896(やくも)」の名でそれぞれ使用している。
中でも咲夜の398は、東プロでは最も初期から使用しているだけあって流麗で、
瀟洒な従者に相応しい技となっており、咲夜がロープに走っただけで観客が沸く程。

余談だが、619に対してWWE実況マイケル・コールが叫ぶ
「ダイヤル回して619!」は技名の由来、ムーブの特徴(ロープ間で体を回転させる動き)を
端的に現した名実況である。