※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィッシャーマン式<技名・接頭語>


厳密にはホールド方式からではなく、技名ありきでホールド形式として便宜上呼ばれる。

相手の正面から仕掛ける形で相手の頭を自分の左脇下に差し入れ、
相手の左腕を自分の首の後ろに回す。
自分の右腕で相手の左足の膝裏を外側から抱える。
反対の場合は自他双方の腕が対象形になる。

そのまま持ち上げて後ろに反ってもっていく技が基本形の
フィッシャーマンズスープレックス。
小林邦昭が発祥と言われており、その姿勢が漁師の投げ網のようだったからと言われている。

限りなくブレーンバスターに近い形だが、投げる側が背を反るかなどで区分される。
また後ろにいかずにそこから独創的なムーブに移行して大技にかえてしまった選手も多数いる。
仕掛ける側の全身筋力が求められる見た目より難度が高いムーブである。
なお、これを後ろに反らずにそのまま垂直落下させるのが、フィッシャーマンズバスター。

東プロでは、メルランが2回連続フィッシャーマンズスープレックスから最後にフィッシャーマンバスターに持って行く
3連投げ技を『ヒノファンタズム』として使用している。