※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チルノ補正<東プロ用語・外部用語>


ヤバイ。チルノヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
チルノヤバイ。
まずつよい。もうつよいなんてもんじゃない。さいきょう。
つよいとかっても
「人類60億分の1くらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。だし超さいきょう。
しかも氷の妖精らしい。ヤバイよ、妖精だよ。
だって普通は人間とか妖怪とか亡霊とか、妖精じゃないじゃん。
だって自分が部屋がだんだん凍ってったら困るじゃん。トイレとか入れないとか困るっしょ。
部屋が凍って、普段のときは徒歩10秒だったのに、気がついたら部屋から出られないとか泣くっしょ。
だから普通はそんなことしない。話のわかるヤツは。
けどチルノはヤバイ。そんなの気にしない。凍らせまくり。
最も大きなカエルとか観測してもよくわかんないのすら凍らせる。ヤバすぎ。
っていったけど、もしかしたらじゃないかもしんない。
でもじゃないって事にすると

「じゃあ、さいきょうってナニよ?」

って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超冷たい。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。冷たすぎ。
バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超さいきょう。超ムテキ。それに超てんさい。億年とかいう言葉平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつってもは人脈が凄い。タイトルホルダー部下扱いとか平気だし。
うちらなんて誰が強いとか掲示板でレスしあうだけで上手くまとめられないから
適当にファン投票したり、プロレス大賞を批判したり、ガチヤオ論争したりするのに、
チルノは全然平気。さいきょうをのまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、チルノのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイチルノ軍に付いて行った部下たちとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

  • ここから本題
東プロにちょくちょく現れるチルノ
シングルで現れる度に妙な活躍。タッグで現れる度に妙な編成。王者すら部下扱い。
もはや一軍を率いる総帥として然るべき才を持ち合わせている人物なのかもしれない。