※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天子のケ○に敷かれる会<東プロ用語>


第33回大会に公開されたGM天子によるGM軍への忠誠の儀式。

GM軍メンバーとの対決に敗れた負け犬は
GM天子の尻に敷かれて3カウントを取られれば
GMに忠誠を誓ったとし一切の団体内発言権・活動権を没収されるという内容。

+現状の被害者
現状の被害者は
  1. 永江衣玖 第33回大会
    現行のGM軍メンバーも天子の尻に敷かれているところを見せろとの幽香の要求に対して、てゐがこの大会では試合がなかった衣玖だけがGM軍メンバーでまだ儀式をしていなかったとして、天子の尻に敷かせたもの。
  2. 八雲紫 第34回大会
    現行GM軍メンバー以外では初の被害者。これにより現場監督の地位と東プロでの発言権を全て失った。
    しかし、翌大会にて四軍連合の活躍で救出され、逆にGM天子を叩きのめすと、会の終了を宣言した。
    (ただし、取り戻したのは活動権・発言権のみで、現場監督の地位は失ったままである)

+現状の被害未遂者
現状の被害未遂者は
  1. 風見幽香 第33回大会
    霊夢にフォールされたため、危うく最初の犠牲者になりかけたが、の介入によってうやむやになった。次大会以降に霊夢とのシングルマッチでの再戦を要求している。
  2. メルラン・プリズムリバー 第33回大会
    リリカにフォールされ、犠牲者になりかけたが、ルナサが介入し、次大会で改めて姉妹で決着を付けることになり、これに勝利して最終的に回避。
  3. 西行寺幽々子 第35会大会の『SEVENS』シリーズ第2試合でてゐの謀みにあって3カウントをとられ敗北。最終戦でも四軍連合が負ければ犠牲者確定だったが、最終戦で勝利したため回避。
  4. 同上。
  5. 風見幽香 第36回大会
    LTWタイトルマッチでGM軍のタッグ王者に敗北し犠牲者になりかけたが、輝夜慧音の内紛によって難を逃れた。
  6. 東風谷早苗 同上。

+天子のケ○に敷かれる会の現状
第35回大会『SEVENS』シリーズでGM軍が敗北し、そして救出されたGM天子を叩きのめして
会の終了を宣言した。
これによって、『天子のケ○に敷かれる会』はひとまず終焉をみたと見られていたが、
次の第36回大会におけるLTWタイトルマッチが天子軍の勝利に終わった後、輝夜がこれを復活させ、
幽香早苗が危うく犠牲になりかけた。
なおこのとき、生桃と称して天子がスカートを脱がされるハプニングが発生し、
そのため次に期待する妙なファンが出るようになったとか。

現状、GM軍内でもこの会に対しては、明らかに温度差がある。
並べてみると

やる気あり←  どうでもいい  →やる気なし
輝夜=てゐ=天子>霊夢=リリカ>妹紅>慧音=衣玖

といった具合になる。
ある意味で一番被害を蒙ったイクサンはともかく、GM軍の最後の良識と言われる
慧音先生も、この会には嫌悪感を見せている(もっとも、この会を主導しているのが、
対立している輝夜であるせいもあろうが)。
妹紅は、負けたやつがどうなろうと別に気にも留めないというスタンス。
霊夢リリカは、自分たちに負けた相手に対しては積極的に肉座布団を仕掛けるが、
それ以外の試合にまで出張っていくことはしないのが、輝夜てゐの元永遠亭コンビ
との違いであろう。

元ネタ

WWF,WWEファンには馴染み深いアングルで
悪のGMであるビンス・マクマホンが設立した一連の流れを指す。2001年の団体を象徴する内容でした。
プロレスに馴染みのない方は今後の東プロ動向を妄想する上でも知っておくとより楽しめるので是非ご覧あれ。

+一連の関係者、役割、簡単な前ストーリー説明

前ストーリー説明

WCW,ECWというライバル会社が軒並み崩れ、それを買収し統合したWWFだったが、
そのWCWのオーナーに就いたのはビンスの息子シェインであり、娘ステファニーと共に
父親を蹴散らし追放するという2000年末から2001年末にかけて、ほぼ年間を通して長期進行した
WWF(団体)対Alliance(WCW/ECW連合軍)との全面抗争が、ビンスによる謀略でAlliance側が崩壊
(WCW/ECW側のメンバーがそこまで奮わなかったことにも原因があるとされているが)
団体から連合軍へ寝返ったレスラーたちを解雇するか、屈辱的な条件を呑み復職するかをビンスが迫ったことから始まった。
今日でも活躍する、あるいは語られる多くのスーパースターが衝突した全面抗争の収束が唐突であったがために取られたラインとも言われているが
団体社長でもあるビンスが自らの身体を張った演出の数々は必見である。

登場人物 役割
ビンス・マクマホン 悪のGM、顔芸、身体を張る世界最強の経営者
ウィリアム・リーガル 団体を裏切りアライアンスへ移籍した元コミッショナー。復職の代償に最初の犠牲に
ストーン・コールド・スティーブ・オースチン アライアンス移籍しリーダーになったもののカートによって消滅。犠牲になる寸前でビンスに逆襲>いつも通り
カート・アングル アライアンス移籍したが実はビンス直下の二重スパイで、崩壊させるビンスの付き人。バカート
ジム・ロス(JR) WWF副社長(現在でも副社長)。解説者としてリングサイドに。ストンコにやられるビンス爆笑し続けた為被害者に
ジ・アンダーテイカー 当時バッドアスギミック。コーポレイトミニストリー以来のビンスとの結託でJRをキスさせる
トリッシュ・ストラタス 当時WWF女子王者。強要されかかった所をロック様に救われる
クリス・ジェリコ 救出したロック様を人民肘で打ち倒すなど屈辱的な攻撃をしかけたヒール
リック・フレアー 当時ビンスと共に共同経営者というギミック。ロック様を支持しカートビンスに一矢報いる。ネイチャーボーイ略してネイチ
ザ・ロック ロック様。言うまでも無くベビー。悪のGMへの制裁はロック様しかできない!
リキシ 総オチ。ロック様と遠縁の親戚。登場時は復帰戦でした
これらを踏まえた上での視聴や、東プロの様々な選手に置き換えて妄想してみるとより楽しめます。