※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"Y2J" Chris Jericho <実在の選手>


1999年にY2K問題(2000年問題)をモチーフとしたY2JというコードネームでWWFに参戦。
それ以前では当時存在した日本のプロレス団体WARに所属しその関係で新日などにも参戦、
『ライオン道』というリングネームで活躍していた。
非常に勤勉な選手で日本での活躍時に日本語を勉強し、しゃべる事が可能。
レスリングにもカナダ・メキシコ・ジャパニーズスタイルをしっかりと背景に持っており
そこへ更にECW>WCWを経たアメリカンプロレスを埋め込むことにより試合内外の技術で卓越したキャラクターを掴み取った。

ジェリコのWWFデビューは対ロックとのスキットであり、
その後ロックとジェリコは1999年~2002年に様々な形で大半は衝突、時には奇妙な共闘を繰り広げ、
比類なきアピール能力から日本のファンの間で『二大マイク番長』とも呼ばれていた。
試合では巧者ながら安直に勝たない、ベビー・ヒール双方に携わることができる、ファンからの支持が非常に多いなど
まさしく魅せるトップレスラーと表現するに相応しい選手であった。
参戦僅かでWWF&WCWのタイトルをロックストンコそれぞれから同一特番で奪取し
初代統一王者(史上3人目のグランドスラム)達成者になるなど、今日でもWWEの歴史的体現者でもある。
またWWFに参入して僅かでAlliance抗争が勃発。
HHHHBKが負傷離脱してしまっていたこともあるが、団体軍の選抜5名に選ばれるなど
非常に団体からも期待され、それに応えてきた選手でもあった。

バンド"FOZZY"のヴォーカルでもあり、バンド活動のためにWWEから一度退いたが
(当時はある試合で破れ、ギミック上解雇された)
2007年末に大々的なタイタントロン予告を毎放送流しながらも放送外のサイトや発言でファンをかく乱しながらも
最終的には2nd comingとしてWWEへと復活。今日でもトップのスーパースターとして確固たる地位を獲得している。
経歴からハードコアマッチ適正も極めて高く、WWEでの様々な試合形式を提案した選手としても認知度あり
特にTLCマッチ(テーブル・ラダー(脚立)・チェアー(椅子)戦)での気迫は凄まじい。

東プロ内では幽香のフィニッシュホールド『VFT』が
ジェリコのウォール・オブ・ジェリコと同型(高角度逆エビ固め)である。
(正確な英語発音は"Walls of Jericho( ウォールズ ・オブ・ジェリコ)"であるが、日本では一般的に上記のように表記される)
また妙な共振が起きているロック様信者の早苗との関係を
オリジナルの両者との間柄と照らし合わせると非常に興味深い構図になっている。

<参考動画>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2182791

RAW初登場時の対ロック様とのマイク合戦。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2259390

ロック様とのステフいじり。やりたい放題。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1770372

2nd Coming時の登場。大、マイクがあるのであるいは犬。

ニコニコ動画にはジェリコ出場試合やスキット良い所が満載しているので
"Y2Jタグかジェリコタグを片っ端からお楽しみください。