※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋冬冷戦・秋冬抗争<東プロ用語>


東プロにおける秋は秋姉妹のことを、冬はチルノ軍(中でも氷精チルノと冬の妖怪であるレティ)のことを指す。
つまり、「秋冬冷戦」とは、秋姉妹チルノ軍との軍団抗争のことを意味する。

……のだが。
秋姉妹にしろ、チルノ軍の中枢を占めるバカルテットにしろ、U3級の選手であり、
無差別級の選手を中心に進む東プロのメインアングルとは離れた位置になるため、
どうしても「脇(腋ではない)の方でちょこちょこやってる」という印象になってしまうのが難点。
また、穣子は冬組に敵意をむき出しにしているものの、もう片方のチルノ総帥が、試合中や直後はまだしも
時間がたつと前のことはケロリと忘れてしまうため、まともな遺恨に発展しないという難点も抱えている。
(「冷戦」と評したのはだが、この「まともな遺恨にならない」ことを揶揄する意図もあると思われる)

もっとも、この「かみ合わない微笑ましさ」が、昨今の殺伐としたメインアングルとは対照的な、
U3級の清涼剤的な一面を見事に表現している、と評価するファンもいる。
つまり、考え方は人それぞれということであろう。

ところがその冷戦状態の僅かな拮抗が破られる事となる。
第35回大会でのチルノ軍vs秋姉妹+O.D.Sのジョイント4vs4タッグマッチで
双方がついに限界点突破。泥沼の抗争に突入してしまう。
秋姉妹静葉,穣子に加え現LTU&L⑨W王者であるまでもが全面対決姿勢を表明。
一方のチルノ軍チルノ総帥が早速臨戦態勢に。リグルは関わるまいと去るが、
今まで散々嫌そうな雰囲気だったはずの秘密兵器レミリアが急に乗り気になってしまう。
慌てた付き人咲夜に連れ帰られて混乱は収まったが、参謀レティが不在だったため、
残されたルーミアと、いない事に気付かれていないリグルの3名での対決になってしまった。

こうして前面戦争となった第36回大会であったが・・・。
すべては総帥のエターナルフォースブリザードに持っていかれてしまい、スポットも秋姉妹というよりは
総帥との⑨対決に当たるばかり。
すっかり置いてきぼりを食った形となった秋姉妹は、このような形(=⑨)でスポットに当たるのは本意ではないと、
別の形で目立つようになることを決意。
一方の総帥も、とのL⑨Wに全力を注ぐ構えを見せ、既に秋姉妹は視界に入っていない様子。

こうして、この冬の秋冬冷戦は、お互いにすれ違い続けたままなし崩しに終戦となってしまった。