※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『SEVENS』シリーズ (第35回大会)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に

重大な影響を与えた一戦になっており

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方、

プロレスラーが生きるということはどういう事なのかをよく理解してされていない方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。


事の始まり

『東プロには無限の可能性がある』 -詠み人知らず

前大会『Phantazm Down事件』を受けて反GMのために一時的に合流した
八雲家白玉楼守矢スマックダウン神社O.D.S四軍連合7名は
圧倒的不利な条件の中、GM軍との戦いに望む事となった。

第1戦開始の前に再度のルール確認となった
試合ルールは
1:試合は全7名。2vs2、2vs2、3vs3の3試合を行う事
2:第一・第二試合は勝ち点2、第三試合は勝ち点4とする事
3:各試合のメンバーは当日のクジ引きで決定される事
4:最終的に勝ち点が上回った派閥が勝利。同点の場合、敗れた連合側メンバーのみが肉座布団に処される事
それぞれの要求は
1:四軍連合勝利の場合、を解放する。(ただし、解放にあたり現場監督権が没収されることは容認する)
2:GM軍勝利の場合は本戦参加選手の発言権没収。及びシリーズ中乱入者へはペナルティとして無期限謹慎処分
が掲示され、第三者による試合介入が全く許されなくなった内容に連合の立場はより不利になっていく。

その厳しい条件の中本興行の中核試合、そして東方プロレスの未来が全て委ねられることとなった。

試合内容・展開

『第1試合』(第35回大会第4試合)
『第2試合』(第35回大会第5試合)
『第3試合』(第35回大会第7試合)

シリーズ結末

+ 総合結果
+ 怒涛の展開、一先ずの収束と新たな道筋