※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

KAIENTAI<プロレス用語>


WWEでのTAKAみちのくFUNAKI(現:カン・フー・ナキ)のタッグユニット
英語が達者でないため、マイクアピールが出来ないのを逆手に取り 「口パクに英語の吹き替えを当てる」 ギミックで
ブレイクする。締めはFUNAKIの「Indeed!!(さよう!)」で締める。

元々はみちのくプロレスでのヒールユニット「平成海援隊」に始まり、「海援隊DX」、
そして「KAIENTAI」へと続いていく。
主なメンバーとしては上記の2人に加えディック東郷・MEN'Sテイオー・獅龍(現:カズ・ハヤシ)がいたが、
道を分かち、TAKAみちのくWWE退団を伴って、ユニットは解散となった。

その後、TAKAみちのくが2000年にプエルトリコでKAIENTAI-DOJOとプロレス学校を立ち上げ、
2002年4月20日に日本に逆上陸という形で団体を旗揚げ。
「KAIENTAI」の名前は引き継がれている。
2006年にはインディー・サミットにて「海援隊DX」の一夜限りの再結成が行われた。