※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NoMercyRoyalDeathMatch(第21回大会第4試合)

注意!!

本イベント試合はデスマッチ方式であります。
その内容は流血・残虐・危険行為を多量に含むものであり
青少年への教育的配慮やその内容の過激さからこれらを嫌悪する方が
ご欄になって良い試合ではありません。

他試合にも増して安易な気持ちで閲覧されないよう願いします。


しかしながら『プロレスとは人生』であるとお思いの方、

デスマッチを知らなければプロレスを知った事にはならないと

強く感じている方は本項紹介より先に放送を見なければ

多大なる損失を受けると考えられます。


その為如何なる不具合・不満が発生しようとも
当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。
くれぐれもご注意ください。


顛末

『デスマッチを知らないと、プロレスの3割は知った事にならない』-ファンの声

元来犬猿の仲という表現を通り越してもはや仇敵同士となっている輝夜妹紅
東プロマット上でも回数は少なく、また基本的にユニット関係での対決しかなかったが
第20回大会第2試合の永遠亭vsもこけーねタッグマッチにおいて
試合終了後、『一選手』としてマイクアピールを輝夜に起こした妹紅だったが
それまでの永遠亭での言動としては珍しく『死ね!!』の一言だけを返した輝夜妹紅が激怒。
その場でプロレスではなく、完全な殺し合いを開始しかねない雰囲気に。

(今まで危険技・殺人技が結構披露されていた東プロマット上ではあるものの)
これに本部長がストップをかけ、次回大会でのシングル戦を提案。
だがもはやプロレスでの試合に妹紅が納得せず、これに対し
てゐが『ノーDQ』、『有刺鉄線発破結界ロープ』による完全決着試合を提案。
即座に同意する妹紅の一方、運営に慎重な本部長と、当の対戦相手である痛いのがイヤな輝夜は渋る。

しかしお客様こそ神様であり

圧倒的な支持と一部放送規制などを考慮の上での試合開催が決定。
翌第21回大会においての東プロ創設以来初の『デスマッチ』方式での試合が執り行われた。


試合内容

第21回大会当日に発表されたのは、本会場ではなく迷いの竹林特設会場内リングでの開催ということになり、
そして何より前回大会でのマッチプロデューサーてゐの発言よりも 大幅パワーアップ しての試合方式であった。

具体的には
1: ノーDQ  ロープブレイク・反則行為・リングアウト・ギブアップ等一切の正規ルールは適応されず、 3カウント封殺でのみで試合決着
2: 有刺鉄線電流爆破結界ロープ』  リングを囲むロープに触れると有刺鉄線のように身体に刺さり、また軽い爆発が起こる
3:リング外に出られない為予め 凶器(難題)はリング上に設置  設置された凶器はパイプ椅子,シンガポール・ケイン(竹刀),バット,有刺鉄線バット
4: 試合開始10分後には自動的にロイヤルフレアが発動
という、死なないはずの蓬莱人すら葬り去る為にありとあらゆる手段を投じた形式になっていた。

+ 試合詳細

青コーナー 試合形式 赤コーナー
永遠亭 デスマッチ もこけーね
蓬莱山輝夜 vs 藤原妹紅
蓬莱山輝夜 17分32秒 フジヤマヴォルケイノ・イラプション 藤原妹紅

イベント結果

ゴングが鳴り響く中ロープ結界は解除され、放送席から飛び出し傷だらけのパートナーを抱き上げる慧音
一方敗れた輝夜の元には永遠亭からのセコンドが誰もリングインせず、
満身創痍ながら自力で立ち上がり『今日は引いて上げるわ、次に会う時が最後だ、死ね!!』と言い放ちリングを後にした。

リング上の妹紅慧音に支えられながら本会場からは遠いにも関わらず
わざわざ特設会場に足を運んだファンへの感謝の言葉を述べ、リングを後にした。

尚試合後レフェリーで 出血はしなかったものの本試合で一番ダメージを受けたパチュリー
中継終了後にスタッフによってようやくリングから運び出され、
メディカルスタッフの永琳のいる紅魔館ではなく別の場所へと運ばれた。

後述

+ この試合の結果・その後の影響