※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルナサ・プリズムリバー

能力:『手足を使わずに楽器を演奏する程度の能力
   『鬱の音を演奏する程度の能力』
所属:虹川楽団(旗揚げ時から登録。初参戦は第12回大会~)   

ファイト・スタイル

ヴァイオリンのごとき繊細かつ大胆な絞め技

質実にして剛健。U3級の中では割とオールドスタイルのレスラー。
投打極バランス良く試合を組み立てる事が出来るが
ユニット戦が多い虹川楽団の中ではどうも地味な印象が否めなかった。
参戦初期では唯一の大技『スードストラディヴァリウス』に頼りがちであったが
徐々にルナサロックシリーズを中心とした組み立てに。
更に技のバリエーションも増え、ファンの間からは『イケメン路線』と呼ばれるファイトスタイルを確立させた。
そのスタイルで一気に説得力を増したU3級上位選手へと上り詰めていった。

スードストラディヴァリウス

相手の片足を抱えたフィッシャーマンスタイルの状態から担ぎ上げ、そのまま垂直に落とすブレーンバスター。
極め技を主体としたルナサの数少ない投げ技であり、ここ一番で使う技である。
オリジナルは新日の井上亘が使用する「スタガリンブロー」ではないかと言われている。
技名は東方妖々夢で使用したスペルカード『偽弦「スードストラディヴァリウス」』より。
ちなみに「スード」とは「偽物」を意味する。

ストラディヴァリウス

通常のフィッシャーマンとは逆の足を抱えて持ち上げ、開脚式ドライバーで落とす技。
(抱え上げたときに、自分の両腕が共に外側から抱え込む体勢。エビ固めの体勢では正面から向き合う形)
オリジナルは越中詩郎の「侍ドライバー'84」、またはダイナマイト関西の「グリーンフォール」。
技名は東方妖々夢で使用したスペルカード『神弦「ストラディヴァリウス」』より。
初公開時からその名称で広まっていたが、37回大会で正式アナウンスされた。
余談だが、みちのくドライバー2の登場以降、開脚式ドライバーは(細かい差で)多くの技が生まれ、
「侍ドライバー'84」にしても事前に公開されたものは試合で使われたものとは若干異なり、
抱え上げてから両手でそれぞれ相手の腿を抱え直すものだった。
さらに、混同されがちな「キー・クラッシャー'99」は、フィッシャーマンバスターと同様に相手の足の外側から腕を掛けるもの。
(自分の両腕が共に外側から抱え込むような体勢から抱え上げる。
 相手の首と足に掛けた腕が、エビ固めの体勢では同じサイドから抱える形になるので、攻撃側の上半身がやや横向きになる)

グァルネリ・デル・ジェス

相手の股下に頭を通し、向かい合う形で水平に担ぎ上げた後、相手を左に回転させ、
しゃがみつつ右手で足をロックしたまま左脇に相手の頭を通し、左手で相手の腕を押さえ、
首や背中にダメージを与えるという複雑な極め技。
自分の体を支点にして相手を逆さにぶら下げるタイプの技は、俗にコウモリ吊りと呼ばれる。
技名は東方妖々夢で使用したスペルカード『弦奏「グァルネリ・デル・ジェス」』より。

ルナサロックシリーズ

オリジナルは新日所属のイケメンこと永田裕志のナガタロックシリーズ。

敬礼

文字どおりの「敬礼」のポーズ。
技に入る前にこれを行なうのがイケメンの法則。

ルナサロックI

変形足四字固め。
なお、オリジナルの方で特徴的なあの敬礼は、当初は出していなかったが、
第34回大会にて披露してくれた。
(その道の人に言わせると「敬礼ポーズがないと効果が出ない」のだそうである)

ルナサロックII

クロスフェイス。当初は、後述するルナサロックIIIへのつなぎとしてのみ
使用しており、単独では使用していなかった。単独で使用したのは第37回大会で、
IIIの方がIIよりも先に公開されるという逆転現象となった。
ちなみにクロスフェイスの名手としてはWWEのクリス・ベノワが知られているが、
元祖はこちらの方である。(永田選手がアメリカでの修行時代にベノワに伝授した)

ルナサロックIII

ルナサロックIIから移行し、相手の腕の下に肩を入れ、首を巻き込んで極める絞め技。

クロスアームスープレックス

通常のジャーマンスープレックスと違い、相手の胴前で腕を交差させて封じてから反り投げる。
両腕の動きが封じられているためほぼ受け身が取れない。
自身の初勝利を飾った技でもある。

るなぽー

ルナサの使用するエルボースマッシュの名称。
特に、ロープで反動をつけ飛び上がってのエルボースマッシュはジャンピングるなぽーと呼ばれる。
技の命名はだが、当のルナサ本人は嫌悪感を示している。
ちなみにこのジャンピング式は、アメリカでは「フライング・フォアアーム」と呼ばれている技。

その他の技

タランチュラ、月面水爆など


戦績

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
以下は、第40回興行時点。
大会 試合 形式 対戦相手 試合動画 試合結果 備考
第12回大会 第2試合 LTU暫定王者決定戦(X2,X3) 霊夢,萃香,アリス sm2894657 ●(23:24 霊夢・妖怪バスター) ピンを取られたのはX3)
第14回大会 第2試合 LTUタイトルマッチ(メルラン,リリカ) 諏訪子,神奈子,早苗 sm2967000 ●(21:22 諏訪子・蛙落とし) ピンを取られたのはリリカ
第17回大会 第1試合 3vs3(メルラン,リリカ) てゐ,鈴仙,輝夜 sm3174407 ●(18:38 輝夜・永夜返し) ピンを取られたのはメルラン
第18回大会 第1試合 3vs3(メルラン,リリカ) ,幽々子,にとり sm3252612 ●(20:11 にとり・フラッドジャーマンスープレックス) ピンを取られたのはリリカ
第19回大会 第1試合 3wayBR虹川姉妹最強決定戦 メルラン,リリカ sm3334057 ●(15:15 メルラン・ゴーストクリフォード) 最初の脱落者
第22回大会 第4試合 3vs3(メルラン,リリカ) フラン,チルノ,ルーミア sm3586888 ●(22:19 フラン・頭掴みラリアット)
第23回大会 第2試合 TAG(メルラン) 幽々子,ミスティア sm3648879 ●(13:47 幽々子,亡霊クラッチ)
第24回大会 第3試合 4vs4(メルラン,リリカ,) ルーミア,チルノ,レティ,レミリア sm3719046 ●(23:55 ルーミア・ムーンライトレイ)
第25回大会 第1試合 LU3Tトーナメント(メルラン) ,ルーミア sm3787055 ○(17:15クロスアームスープレックス) 初勝利
第27回大会 第1試合 LU3Tトーナメント準決勝(メルラン) にとり, sm3930607 ●(19:47 にとり・エメラルド・ポロロッカ) ピンを取られたのはメルラン
第29回大会 第1試合 4vs4(メルラン,穣子,静葉) ルーミア,チルノ,ミスティア,リグル sm4135258 ○(18:09ジャンピングるなぽーリグル)
第30回大会 第1試合 タッグ(メルラン) 穣子,静葉 sm4218472 ●(12:28 穣子・殺神バックドロップ) ピンを取られたのはメルラン
第31回大会 第1試合 3wayBR リグル,チルノ sm4310714 ○(13:19月面水爆チルノ)
○(15:17クロスアームスープレックスリグル)
勝ち残り
第32回大会 第3試合 LU3W次期挑戦者決定戦 ミスティア sm4402640 ●(12:43 焼き鳥スプラッシュ)
第34回大会 第3試合 TAG(メルラン) リリカ,てゐ sm5354452 ○(15:55 ヒノファンタズム(メルラン)・リリカ)
第35回大会 第6試合 LU3Tタイトルマッチ(メルラン) にとり, sm5552902 ○(16:31 ヒノファンタズム(メルラン)・にとり) LU3T第二代王者戴冠
第36回大会 第3試合 4vs4(,にとり,) ミスティア,,,妖夢 sm5621154 ●(17:51 ・飛翔毘沙門天) ピンを取られたのはにとり
第37回大会 第3試合 TAG(レティ) X1,X2 sm5817163 ○(17:56クロスアームスープレックスX1)
第39回大会 第1試合 8WayRRU3級時間差BR sm6434221 ○(11:50 OtTRルール・パルスィ)
●(13:18 静葉・OtTRルール)
4番目に脱落
第40回大会 第5試合 3WayTAG(メルラン) ミスティア,,チルノ, sm9564258 ○(10:40るなぽー→エビ固め・)
●(12:47 ミスティア・焼き鳥スプラッシュ)
あと2人まで残る
虹川楽団は同率2位

  • シングル 1戦0勝1敗
  • タッグ 7戦4勝3敗 (ルナサのフォールによる勝ちは2回・ルナサがフォールされた負けは1回)
    • 虹川楽団メルランとのタッグ) 6戦3勝3敗 (ルナサのフォールによる勝ちは1回・ルナサがフォールされた負けは1回)
  • 6人タッグ 5戦0勝5敗 (全て虹川楽団ルナサ,リリカとのタッグ))(ルナサがフォールされた負けは1回)
  • 8人タッグ 3戦1勝2敗 (ルナサのフォールによる勝ちは1回・ルナサがフォールされた負けは1回)
  • その他
    • 8WayRR 1戦0勝
    • 3WayTAG 1戦0勝

  • 多いフィニッシュ技
    • クロスアームスープレックス (3回)

タイトル歴

LTU

タイトル設置関係者,虹川姉妹として提案。暫定王者決定戦に敗北。

LU3T

第二代王者(パートナーはメルラン) 第35回大会~ 防衛なし


人間関係

実妹にしてタッグパートナー。後に、共に第二代LU3T王者としてU3級タッグの頂点に立つ。
実妹。元LU3W第二代王者。後に虹川楽団から離反してGM軍入りし、その威光を笠に着て姉達に服従を迫ったために対立関係に。
雇い主。

入場曲

幽霊楽団〜Phantom Ensemble

東プロの音響担当で虹川楽団プリズムリバー三姉妹の長女。
当初は三人揃って勇んで登場しては蹴散らされるジョバーに甘んじていた。
堅実な試合を展開するも堅実的すぎるために一方的にやられがちで、
敗北後に沈み込んでしまう。
あまりにも勝てない事に姉妹同士口論となり、これを幽々子に利用され
イベントマッチ『虹川姉妹最強決定戦』(第19回大会)が開催され、
長女にも関わらず次女メルランに屈辱のピンフォールを喰らう。

その屈辱を晴らす為にイベントマスター幽々子への挑戦状を叩き付けるが
逆に大技の直撃を喰らい敗北。

末妹リリカにも虹川楽団を脱退され、面目の立たない長女は
次女メルランと共にLU3Tトーナメントへ挑み、
初戦では元LU3W初代王者,そのパートナールーミアと真っ向からの勝負しかけ
なんとから直接ピンフォールを奪う大金星を魅せる。
翌二回戦では惜しくも敗れたが、長女が一番駄目な子じゃないことをアピール。

その後も堅実な試合構築は健在。
メンタルの浮き沈みの激しささえなければ裏切りの末妹リリカへの直接制裁、
あわよくばLU3Wも夢じゃない所にいる。
しかし現在でも選手達からはやられ役扱いをされているようで、失礼な話ではあるが
『プリズムリバー姉妹に負けるなんて』という声がしばしばあがる。

大会運営業務としての虹川楽団は音響。
生演奏ではなく録音で、主に弦楽器を担当。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

鬱を乗り越えて 第33回大会~

第33回大会では、自身の出場はなかったものの、妹同士の対戦をメルランのセコンドに付く形で見守り、
リリカに沈められ、珍しく意気消沈したメルランをフォローに来るという形でリングに登場。
そして、次回大会、虹川楽団シスターズでの、天子のケ○に敷かれる会を賭けての対戦が決定。
ここで虹川楽団が敗北した時は、GM軍の軍門に下ることになること、過去の対戦成績から
分が悪い戦いになることが必至だったことから、以前から囁かれていた移籍が現実味を帯びたと噂になった。
そして迎えた第34回大会では、これまで封印していたルナサロックIでの敬礼ポーズを解禁し、
メルランと共に並々ならぬ気迫で挑み、ついに久しく遠ざかっていた勝利を掴む。
これにより、かつてLU3Wタイトルホルダーだったリリカを沈めた実績をもって
虹川楽団として、LU3Tへの挑戦を表明した。

第35回大会で行われたLU3Tタイトルマッチでは、さらに新技を解禁。
パワーに勝る妹をフォローしつつ、試合をコントロールする巧者ぶりをみせ、ついに念願の
ベルトを手にすることに成功した。

東方プロレス ファンBBSスレッド

(関連スレ)
Part1 【鬱躁】騒霊楽団応援劇場・初回公演【幻騙】
※虹川スレッド