大森千明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大森千明(おおもり ちあき)は、日本のジャーナリスト、株式会社ジェイ・キャスト専務取締役、「J-CASTニュース」編集長。

(略)

[武富士「裏金」]

『週刊朝日』が、2000年6月から2001年春にかけて誌面に掲載したグラビア記事の取材費を、消費者金融大手の武富士に負担させていたもの。企業や団体のタイアップ記事の場合、「企画広告」「協力○○社」などと明示するのが普通だが、この記事には一切の記述が無かった。これについて武富士側が抗議したところ、『週刊朝日』側は「写真展の開催」「書籍の出版」の際に武富士の社名を明記すると約束したが、最終的にこの約束も反故にされた。2005年3月、『週刊文春』の報道で事実関係が明らかになったが、朝日新聞社は、自社の紙面の「週刊文春」の広告の一部を「裏金という記述は誤り」として、黒塗りにした。

大森は、この連載当時の編集長として停職2カ月の上、降格処分となり、翌年朝日新聞を退社している。


[J-CASTニュース]

2005 年12月創刊のウェブメディア。発行人で株式会社ジェイ・キャスト代表取締役の蜷川真夫も朝日新聞出身で元アエラ編集長。創刊の挨拶には「速報を特徴とする新聞、テレビニュースの1次情報、これを咀嚼して独自の切り口で記事をまとめる雑誌の2 次情報。これに対して、インターネットのスピードに対応しながら、独自の視点を持ったコンテンツを編集します」とあるが、現時点で独自取材のスクープ記事は皆無に等しく、コラム的な記事が中心となっている。

「TBSが2007年3月12日に放送した「総合格闘技HERO'S 2007開幕戦」のなかでの事実上の「捏造」映像」など、ネット情報を元ネタにした記事を作成したり、「ネットで噂になっているが当事者のコメントが無い」ような事柄について公式コメントをとっただけの記事が多い。また、2ちゃんねるの投稿内容を丸写しして、「ネットで話題になっている」などとする記事が極めて多い。大手のマスメディアに対する批判記事もあるが、編集長である大森の前歴から、疑問を呈する声もある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。