ベルリンの壁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1990年代初頭、初期三戸ゼミナール論文の序章において必ずと言っていいほど用いられた文言。
ベルリンの壁の崩壊は社会体制の急激な変化を表す象徴的な事件であり、論文の風呂敷を広げる
上では極めて利便性が高かったため、当時は論文の枕詞のように多用された。
歴史的事実としては無論1回限りであるが、2期:渡辺英二は一人で少なくとも5回はベルリンの
壁を崩壊させている(要出展)。

用例 「また壊しちゃったよ。ベルリンの壁。」
cf.激動の時代