アリスの世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『アリスの世界』<おかしのいえ>






(血(雨)…骨(鉄屑)…肉(泥)…硝子(心)…産み落とされた 孤独な人形)



華麗な箱に詰め込まれた 私は人形 笑顔を知らぬ
名も無き人形 意思もまた無く
悪戯に積もる日々 無意味に磨り減って往く日々



愛に縋り 愛に傷付けられる消耗の日々は続く
胡乱な感情の水底に淀む くすんだ色の硝子球



冷たい夜 震えながら過ごした夜 窓の外の蒼が 怖かった
夜を拒む<人形> やがて至るのは幻想(ゆめ)に似た追想(ゆめ)



笑顔を絶やさぬ 優しい人形師の青年
<人形>が紡ぐ 不明瞭な思い出
「嗚呼、Alice……僕の可愛い天使……
 キミは誰のものでもない……キミはキミの為に生きるんだ……」



(血(雨)…骨(鉄屑)…肉(泥)…硝子(心)…産み落とされた 孤独な人形)



綺麗な襤褸(ドレス)で着飾った 私は人形 涙流さぬ
名も無き人形 意思もまた無く
幾重にも振れる日々 無慈悲に折り重なって逝く日々



愛を結び 愛に揺さぶられる衝動の日々は続く
不遜な感情は水底に沈む 含んだ意味も枯らすだけ



空しい朝 怯えながら迎えた朝 窓の中の紅が 嫌だった
朝を厭う<人形> いずれ至るのは虚構(うそ)に似た現実(うそ)



笑顔の絶えた 傲慢な持ち主の娘
<人形>が咽ぶ 明確な悪夢
「お前、口答えするつもり?
 勘違いしないことね。お前はただの<人形>なんだから」



(血(雨)…骨(鉄屑)…肉(泥)…硝子(心)…産み落とされた 孤独な人形)



虚飾の<人形> 決して箱からは出ない観賞用(ショー・ドール)
孤独な<人形> 必要なのはその容姿 不要なのはその感情



『意に背けば、捨てられてしまう』/『意に背けば、捨ててもらえる』



交差する淡い夢想の果て 残るは自由への渇望(夢) 或いは恐怖(悪夢)



大きな箱 小さな箱 閉ざされた世界 <人形>の世界



壊れた人形/壊した<人形> 千切れた人形/千切った<人形> 崩れた人形/崩した<人形>



人形に埋もれる<人形> 冷たい日々に流されて



(人形師の青年…持ち主の娘…
 従うべきはどちらで、従わざるはどちらか。
 廻(まわ)り廻(めぐ)る二つの声が、<人形>を絡め、縛って往く……)



「あの娘を外に出すべきだ」/「ふざけないで、アレを外に出すつもり?」
「Aliceはお前の<人形>じゃないんだ」/「いいえ、アレは<人形>よ!」
「AliceはAinsworth家の跡取りになるんだぞ」/「いいえ、アレはAinsworthの看板。跡取りはアレに釣られた馬鹿な貴族(男)」
「ふざけるな! お前は、お前は自分の――」/「だから何? 全部(すべて)この家の為を思って――」
「あの娘の為を思ったことが一度でもあるのか!」/「<人形>の気持ちなんてしらないわよ!」



(嗚呼、絶え間なく振り続ける雨の様に。世界は<人形>の瞳を濡らしていく。
 流転、そして反転。ある寒い雪の日。とても珍しい、雪の日の出来事(事件)――)



紅く染まる 檻の中 笑う 持ち主の娘
紅く染まる 鳥の籠 叫ぶ 人形師の青年



歪んだ窓から覗くのは 火の雨 そして走り去る幼い<童>
箱が焼け 檻が焼け 籠が焼け 世界が燃える



血(雨)…骨(鉄屑)…肉(泥)…硝子(心)…世に放たれた 孤独な人形



(佇むは<人形>。冷たく澄んだ色をした蒼い瞳(め)を持つ、一体の<人形>。
 包装(束縛)は解かれ、紅の館から放たれた<人形>は空を見上げる。
 蒼い瞳(め)に映るのは、綺麗な青空。
 <人形>の笑い声。背後(うしろ)の紅と、頭上(うえ)の蒼。総てを飲み込む、狂気の権化。
 嗚呼、その<人形>の螺子を巻いては――)



「僕は<人形>。天使の<人形>。一人は寂しいわね。ねえ誰か、僕とお話しましょう――」