彼岸花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋「彼岸花」


流しましょう 流しましょう
全てのものを 流しましょう
此処は死の果て 三途の川
始まりあれば 終わりある
流しましょう 流しましょう
全てのものを 流しましょう



此処は彼岸 三途の川
死と生を分ける水面
其れは悲願 人の思い
通れる生者など居はしない



「ようこそ、死人さん。この岸へ」
「誰だ、君は……」
「私に名などはありませぬ。私は、三途の川の川渡し。唯、それだけのもの……」
「三途の川……じゃあ、俺は死んだのか!?」
「ええ」
「冗談じゃない、こんな所で死ねるか! 俺には、俺のことを待っている人間がいるんだ!」
「貴方は戻れません。何故なら此処は、三途の川なのですから――」



彼岸花が手を振る岸辺
一つ 二つ ひらひらと
全ての者が逝く旅路
さようなら さようなら



「ま、待ってくれ! 何をするんだ!」
「私は、三途の川の川渡し。遣る事と言えば、たった一つ――」
「やめろ! やめてくれ――」



流しましょう 流しましょう
全てのものを 流しましょう
此処は死の果て 三途の川
始まりがあれば 終わりがある
流しましょう 流しましょう
全てのものを 流しましょう



「さようなら。もう二度と会うことの無い人。さようなら――」