潰えぬ怨嗟


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

潰えぬ怨嗟



<其処は、不安に満ちた広場、支配に怯える世界>
<<赤色の輪(Rot)>>



苦しみに喘ぐ時代に、いつか過ぎ去ると願って
散っていった多くの命、誰に弔われることも無く
ただ楽しい夢を見て、永遠に彷徨い続ける
どうか彼らの魂に、安らぎある終焉(終わり)を…



「これ以上税を上げては国も貴方も滅んでしまいます。どうか、どうか、考え直してください義父上」(アンドレーアス)
「えぇい下がれ、下がれ!口が過ぎるぞ<義息子>(Andreas)
お前が<娘>(Stella)の夫で無ければすぐにでも撃ち殺させていたところだ」(アレクシス)
「えぇ、そうですわねアナタ。流石に息子を撃ち殺させるなんて出来ませんわ。
皇帝(アレクシス様)が心がお広くて良かったわね…銃殺じゃなくて逆さ吊りで許してくださるんですって。」(アンネリーゼ
「そうだな、義子とはいえ法を破っては特別扱いは出来ない。
…衛兵、彼奴を連れて行け。」(アレクシス)
「義父上!どうか、私を殺しても構いませんから、考えなおして下さい。」(アンドレーアス)



1793年6月25日
反逆罪により政治犯Andreas=Erheid(アンドレーアス=エアハイト)の処刑を決行
同日に2割の増税を宣言した




「嗚呼、あなた…どうしてあんな無茶をしたのよ…あの娘(Franzisca)もまだ幼いのに…
ねぇ、返事をしてよ、私一人で成し遂げるなんて不可能よ…」(シュテラ)
降り注ぐ冷たい雨の中、頬伝う冷たい涙を拭い、
女はただ一人、<吊られた男>に話しかけ続けた。
(やがて、彼女は立ち上がった)



(馬の蹄の音)
「お母様?こんな夜にどこに行くの?」(Franzisca)
「ちょっとお爺ちゃんの所にね。さぁ、早く乗ってFranzisca。」(Stella)
「うん、私お爺様大好きだもん。」(Franzisca)
「…じゃぁ、またねFranzisca…」(Stella)
(戸を閉める音と嗚咽)
「お母様?お母様!」(Franzisca)(フェードアウト)
(遠ざかる馬の音)



彼女の瞳に映るのは、輝くべき未来
ただ彼女が願うのは、平穏なセカイ
加速してゆく赤い運命
止まることを知らずに廻ってゆく―――



「さぁ…壮大な戯曲を創めましょう…。」(Stella)



「私は忘れません…お母様…」(Franzisca)
「Stella…Franziscaは私が責任を持とう…」(Albert)



<その世界の意味は、葬送の詩を歌うこと>