維新の加護


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

維新の加護



<其処は、澄み切った空、薄青色の幸せに満ちた世界>
<<青色の輪(Blau)>>



人々は詠うでしょう
絢爛だったあの日の記憶を
だけどきっと分かっていると信じています
質素な暮らしが一番だと



誰もが望むでしょう
豪華だったあの頃の食事を
だけどどうか満足だと言ってください
薄い青も綺麗だよねと



「母上…、お体は大丈夫ですか…?
医者も薬で治ると言っていました…頑張って下さい、母上。」(クレーメンス)
「…Klemens(クレーメンス)…私は本当に…良い子に恵まれました…。
お願い…どうか、Albert(アルベルト)を探して…最期に、最期に一目だけでも…。」(マリアンネ)
「最期だなんて…言わないで下さい……絶対にあの馬鹿兄を連れてきますから。」(クレーメンス)
「ふふ…貴方は優しいわね…。だから…どうかAlbertを責めないでね…。
誰も、誰も悪くなんて無いのよ…、人間はみんな…良いものなんですからね…。」(マリアンネ)
「母上……はい、肝に銘じて生きます…。」(クレーメンス)



彼女は愛するもう一人に再び会うことなく
静かに逝った
全ての人間を愛し、全ての人間に愛された
一人の偉大な母の死を示す墓銘碑は
彼女の掲げた<節制>に相応しいように
塔の立っていた場所に小さく造られた…



刻まれた名前はDie Mutter von Heiligem Marianne Schleicher(ディー ムター フォン ハイリヒェン マリアンネ シュライヒャー)
聖なる母と…



「ハジマリの青色はここでお終い…」(フランシスカ)
「…次に見えるのは赤い歴史…」(アルベルト)



<その世界の意味は、涙を拭って歩むこと>